日本の経済統計と転換点
GDPデフレータ 生産面 日本
176 「良いものを安く」は正しいのか新着!!

GDPデフレータの生産面に着目します。主要国では情報・通信業の物価が下がり、建設業や公務・保健・教育などが物価上昇を牽引しています。一方日本は、最大産業の工業が最も値段が下がり、全体を押し下げています。人口の減る日本で規模の経済に依拠する「良いものを安く」は正しい価値観と言えるのでしょうか?

続きを読む
日本の経済統計と転換点
1人あたりGDP 推移 名目 ドル換算
158 「衰退先進国日本」の実態とは

経済の最も重要な指標である「1人あたりGDP」について着目してみます。日本は1970年代はOECDの平均未満でしたが、1980年~1990年代に大きく躍進し、G7中1位に輝いた時期もあったようです。その後停滞し、現在は1970年代の水準に逆戻りしています。1人あたりの水準を高めるという価値観の転換が必要と思われます。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
日本 名目GDP 積上
EX5 GDPの推移を見てみよう!

内閣府の発表している国民経済計算では、日本のGDPの速報値をタイムリーに更新しています。日本はGDPの約6割を家計の最終消費支出が占める「内需の国」ですね。純輸出を除くと、約9割が国内での消費や投資が占めます。

続きを読む