株式会社小川製作所は、東京都葛飾区で60年以上にわたり主にステンレスの汎用板金・製缶・研磨加工を行っている金属加工業者です。

現在では、社内工程として職人の手仕事でしかできない加工である製缶組立、研磨加工を更に深化させながら、100社以上のパートナー企業との協業によるあらゆる精密部品・工業部品の製作、3D CADやデジタル技術を活用しての設計、開発支援業務など幅広い事業を行っています。

また、事業内容が多岐に分かれるため、以下の3つの事業領域に区分して、お客様のご要望に細かくお応えできるような事業体制を採っています。

航空機、半導体、医療関連などの精密機械部品の供給
医療器具、食品機械、理化学装置の部品、筐体、架台製作

3D CADを駆使した開発支援、リバースエンジニアリング

会社概要

社名株式会社小川製作所
代表者代表取締役 小川弘之
資本金800万円
創業1953年 1月
設立2015年 1月
所在地〒124-0021 東京都葛飾区細田1-10-20
連絡先TEL: 03-3657-4196
FAX: 03-3673-4755
MAIL: info@bangking-yeah.com
営業担当営業技術 小川 真由

アクセス

所在地: 〒124-0021 東京都葛飾区細田1-10-20

ご挨拶


代表取締役 小川弘之
<略歴>
1946年生まれ。武蔵工業大学にて材料工学を専攻後、小川製作所に入社。以降、汎用板金一筋の職人として事業を支える。

創業より長く皆様からご愛顧いただきまして、現在では様々なお客様に向けての事業を展開しております。

これもひとえにお客様やパートナー企業の皆様のひとかたならぬご支援の賜物と、深く感謝申し上げます。

今後も皆様のお役に立てるよう、誠心誠意努力して参りますので、引き続きご指導ご鞭撻の程何卒宜しくお願い申し上げます。


当社では、職人ならではのアナログ加工、最新設備を駆使した精密加工、100社以上のネットワークによる複合工程の取りまとめ、加工業者ならではの開発支援、そしてそれらを統合するデジタル技術の活用と、お客様のご要望に応じて様々なリソースをご提供できる体制を整えてまいりました。

単なる加工品や技術リソースの提供にとどまらず、お客様の製品やサービスの付加価値向上に寄与する事が、当社の担うべき役割と位置づけ、他者にはない独自のモノづくりサービスをご提供してまいります。

まだまだ至らない点も多いと思いますが、何卒ご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

取締役 小川 真由
<略歴>
1980年生まれ。慶應義塾大学大学院 修士課程修了後、富士重工業株式会社(現 スバル)の航空宇宙カンパニーに入社。新規航空機の開発業務に携わる。精密機械加工業者にて修業期間を経て、現職。営業技術を担当。

沿革

1953年小川源次郎が「小川製作所」として創業
主に厨房器具、ガス炊飯器の製造を行う
1967年小川弘之(現 代表取締役)が入社
1975年厨房器具と並行して建築金物の製造開始
1985年小川弘之が2代目代表に就任
2012年小川真由(現 取締役)が入社
従来の汎用板金事業に加え、精密部品、開発支援事業を開始
2014年航空機部品の製造・供給を開始
医療器具の研磨事業を開始
2015年法人化 「株式会社小川製作所」 設立
小川弘之が代表取締役に就任
小川真由が取締役(営業技術担当)に就任