189 「株式」という企業の特別な負債

企業 負債 株式 成長率

1. 企業の「株式」は増えるもの?

前回は企業の「負債」(Liabilities)のうち、「借入」(Loans)について着目してみました。
通常企業は、企業からの融資により借入金を増やし、それを事業に投じて生産性(質、量)を向上させ、利益を増やし、消費者でもある労働者への分配を増やします。

このような事業投資を増やしていれば、企業の借入も増えていくのが自然ですね。
他国は企業の借入が増えていく事も確認できましたが、同時に日本だけでなくギリシャ、イタリア、スペインなど経済的に行き詰りつつある国々は借り入れが目減りしている事もわかりました。

今回は、企業の負債に計上される「株式」(Equity)について着目してみたいと思います。
負債側に計上される株式は、株主の持つ株式の総額を表したものになりますね。
株主資本とも言われ、株主が所有する企業の金銭的価値とも言えるものです。

日本の統計では「法人企業統計調査」では、この株式については負債側に計上されていません。
一方、内閣府の「国民経済計算」や、日銀の「資金循環」では負債側に計上されています。
「企業」とは誰のものなのか、という見方で考えると非常に興味深い相違ですね。

企業経営者からすると、既に発行済みの株式が、市場でどのような株価となるかは、経営には直接的に関係はありませんね。
新株発行時は、それが事業用資金となりえますので、実体経済と株式市場がリンクすると思います。
他に、株価が上がるメリットは、持株会など自社で株式を保有する人の金融資産が増える、他社に買収されにくくなる、新株発行時により大きな金額を調達しやすくなるなどのポイントがあるようです。

企業 負債 株式 推移

図1 企業 負債 株式 推移

図1はOECD各国の企業の負債側に計上される株式の推移をグラフ化したものです。

圧倒的なアメリカの存在感と成長が際立ちますが、経済規模からするとフランスが存在感を発揮しているようです。

企業の金融資産や負債を比較すると、フランスの存在感が大きい事が特徴ですね。

日本は横ばい傾向ながら、少しずつ増加傾向にあるようです。

2. 株式の成長率とは

企業 負債 株式 成長率

図2 企業 負債 株式 成長率

図2は各国の負債 株式について、1995年を基準(1.0)とした成長率をグラフ化したものです。

日本は横ばい傾向から2002年ころから増加基調となり、リーマンショックで大きく落ち込み、その後また増加基調となっています。
直近では1995年の水準に対して2倍弱にまで増加しています。

ただし、他国は更に成長が大きくなっていますね。
イギリス、ドイツ、イタリアなどで3~3.5倍、カナダ、アメリカで5.5~6倍、フランスに至っては8倍近くとなっています。

企業の成長に伴って、株式総額も増えている状況ですね。

3. 1人あたりで見てみよう!

それでは、国民1人あたりの水準で比較してみましょう。

企業 負債 株式 1人あたり 推移

図3 企業 負債 株式 1人あたり 推移

図3は企業の負債 株式を人口で割った1人あたりの数値を表したグラフです。

日本はやや増加傾向ながら、イギリスと近い水準で推移しているようです。

リーマンショック以降の増加傾向としては、アメリカやフランスが大きく、イギリス、イタリア、ドイツなどは停滞気味です。
日本はやや増加基調といった傾向ですね。

直近ではイタリアや韓国、ドイツよりは大きく、イギリスよりやや下、アメリカやフランスに比べると大きく差をつけられている状況のようです。

4. 日本企業の株式の順位は?

1人あたりの数値での順位も見てみましょう。

企業 負債 株式 1人あたり 1997年

図4 企業 負債 株式 1人あたり 1997年

図4は1人あたりドル換算値の1997年の数値を、大きい順にならべたグラフです。

この頃日本は経済絶頂期であったわけですが、1人あたりの株式総額としては、22,319$程度で平均値をやや下回る程度だったようです。

ドイツ(17,255$)の3割増し程度、アメリカ(52,534$)の半分以下といった水準ですね。

OECD 26か国中12番目と中位に属します。

企業自体が大きく成長していた時期ではありますが、バブル崩壊後という事もあり株式総額としてはそれほど大きくないというのは特徴的です。

企業 負債 株式 1人あたり 2019年

図5 企業 負債 株式 1人あたり 2019年

図5が2019年のグラフです。

日本は58,529$で1997年の時点より大きく増加していますが、OECD 34か国中15位と中位に留まります。
平均値(83,848$)との差も広がっているようです。

アメリカ(162,617$)の順位も高いですが、フランス(134,679$)の存在感も大きいですね。

経済が堅調なドイツの水準がやや低いという事も特徴的です。

今回は、企業の負債のうち「株式」について着目してみました。
この株式は、損益計算書などには負債項目としては出てきませんね。
あくまでも企業の株主の所有権利分(株主資本)という独特な項目となります。

日本企業は、生産する付加価値は停滞していますが、利益と配当金は増えています。
これにより株価は上がり、株式総額も増加傾向ではあります。
一方で、同じ負債側に計上される借入が目減りしているため、株式の増加と相殺して負債全体としては横ばいが続いているような状況ですね。

一方で、企業の「金融資産」は増え続けているため、差し引きの「純金融負債」が目減りしている特殊な状況です。

先進国の多くは、企業の金融資産が増えていますが、負債がそれ以上に増えているため「純金融負債」が増え続けている状況です。

「家計」、「企業」、「政府」、「金融機関」、「海外」の経済主体で分けて考えた場合、「家計」は一方的に「純金融資産」が増加し続ける主体です。

その一方で、「純金融負債」を増やし続ける主体が必要になるわけですが、通常はそれが「企業」となるわけですね。

日本の場合はこれまで見てきたように、企業の「純金融負債」がむしろ目減りしているくらいなので、その分も補ってさらに「純金融負債」を増やす主体がある事になります。

それが、「政府」と「海外」になるわけですね。
政府の「国債発行残高」が「国民の借金1人あたり〇〇万円」などと言われて問題視されていますが、そもそも政府が負債を増やさなければいけなくなっているのは、企業が負債を増やしていない(増やせていない)ためとも言えそうです。

日本経済の根本的な課題は、「公」と「民」の関係からだけでは見えてこないのではないでしょうか。

「企業の変質」にしっかりと着目し、「企業」がリスクを負って事業投資をするという正常な姿に戻る事が、経済健全化の一つの指標となるように思います。

(安易に「企業の負債を増やせ」と言う主張ではありません)

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

ブログランキングバナー

下記いずれかのバナーをクリックいただけると、ランキングアップへの投票となります。
ランキング上位となりますとより多くの皆様の目に留まり、情報を共有しやすくなります。

統計関連リンク

日本政府統計 (e-Stat)
OECD (経済協力開発機構)
IMF (国際通貨基金)
UNIC (国際連合広報センター)
JETRO (日本貿易振興機構)
日本銀行
内閣府
財務省
社会保障・人口問題研究所
日本取引所グループ

小川製作所 ブログ


TOKYOステンレス加工
TOKYO精密機械部品

TOKYO機械設計開発
株式会社小川製作所 ロゴ