183 人口増加で豊かになれるか?

人口増減率 1人あたりGDP成長率 相関図

1. 人口と経済規模の関係

前回は、OECDとBRICS各国について、人口に占める若年人口(20歳未満)、生産年齢人口(20~64歳)、高齢人口(65歳以上)の比率を可視化してみました。

日本は少子高齢化が進み、人口の減少が他国よりも大きな割合で進むと予想されています。
一方で、高齢者の割合が増え、若年層の割合が減るので、差し引きの生産年齢人口は思っていたよりも極端に低下するわけではなさそうです。

全人口に占める生産年齢人口の比率は、2050年の時点で48~56%程度に収斂していき、各国の事情としては大きく差異が無いという事になりそうです。

今回は改めて、人口増加と経済規模の関係について確認してみたいと思います。

まずは、現在の人口と経済規模を示すGDPとの関係を可視化してみましょう。

人口 GDP 相関図

図1 人口-GDP 相関図 2018年 OECD+BRICS

図1が2018年時点での、人口(横軸)、GDP(縦軸)を相関図に表したバブルチャートです。
バブルの大きさは1人あたりGDPを表します。

横軸、縦軸共に対数表記としています。

図1の通り人口と経済規模には明らかな正の相関がある事がわかりますね。

また、どの領域にも1人あたりGDPの大きい(バブルの大きい)国が存在していますので、人口と1人あたりGDPには明確な相関はなさそうです。

右上の領域にG7やBRICS各国が集中している事も特徴的です。

2. 人口ボーナス、人口オーナスは本当か?

それでは、人口が増えるほど経済成長しやすく(人口ボーナス期)、逆に人口が減ると経済成長しにくい(人口オーナス期)というのは本当でしょうか。

人口の増減率と1人あたりGDPの成長率の関係から、可視化してみましょう。
ここでは、人口が増えればGDPが増えるのは当然ですので、1人あたりGDPが増えるかどうかの相関を見てみたいと思います。

これから人口が減っていく事が確実な日本では、「国民1人1人が豊かになれるかどうか」が重要ですね。

人口増減率 1人あたりGDP成長率 相関図

図2 人口増減率 1人あたりGDP成長率 相関図 (1997年→2018年)

図2は人口の増減率と1人あたりGDPの成長率についての相関図です。
1997年から2018年の変化量としています。
バブルの大きさは2018年の1人あたりGDPを表します。

日本は人口の増減率も、1人あたりGDPの成長率もほぼ変化がありません。

ラトビア、リトアニア、エストニアや、ハンガリー、ポーランドなど、人口が減少したり停滞している国もあります。
これらの国も1人あたりGDPが大きく成長している事がわかります。

これらの人口停滞している国と日本を外れ値としてみた場合、その他の国の傾向としては、人口の増加率と1人あたりGDPの成長率にはやや緩い正の相関が見て取れると思います。

ドイツも日本と同様人口の変化はほぼゼロですが、1.7倍ほどの成長率となります。

このグラフから見て取れる事は、確かに人口増加率が高い方が、経済的に豊かになりやすい傾向はあるという事ですね。
一方で、人口が減少していたり、停滞していても豊かになっている国がいくつもあるという事も事実のようです。

もちろん、国ごとに事情は異なるため一概には言えませんが、「人口が増加しないと豊かになれない」とは言い切れないですね。

いずれにしろ、日本の位置は特殊です。
人口問題だけを理由にして、停滞する事に納得するという段階はもう過ぎているのではないでしょうか。

これから日本が人口動態の変化と共に、どのように経済的な推移を辿るのか、引き続きウォッチしていきたいと思います。

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

ブログランキングバナー

下記いずれかのバナーをクリックいただけると、ランキングアップへの投票となります。
ランキング上位となりますとより多くの皆様の目に留まり、情報を共有しやすくなります。

統計関連リンク

日本政府統計 (e-Stat)
OECD (経済協力開発機構)
IMF (国際通貨基金)
UNIC (国際連合広報センター)
JETRO (日本貿易振興機構)
日本銀行
内閣府
財務省
社会保障・人口問題研究所
日本取引所グループ

小川製作所 ブログ


TOKYOステンレス加工
TOKYO精密機械部品

TOKYO機械設計開発
株式会社小川製作所 ロゴ