164 設備投資に見る生産活動の停滞

1. 機械設備という資産

前回は、日本の生産資産のうち、住居について取り上げてみました。

OECDの中で比較した場合、日本は1人あたりで見た場合の住居資産がかなり低い方だという事がわかりました。

ある方のご指摘により、日本は災害が多い国なので、そもそもの建物の耐用年数が低く設定されており、資産価値が目減りするスピードが速いという事もあるようです。
逆に言えば、災害が多く、建物の価値が棄損されやすいからこそ、新しく住居を建て替える需要も多いという事ですね。
日本の場合は、住居のフローもストックも停滞しています。
ストック面での資産価値が棄損しやすいという特徴を持つものの、フロー面でも住居の新設という支出が少ない事から、国民の貧困化という実態も見えてきそうです。

今回は、同じ生産資産の中でも、特に企業(とりわけ製造業)との関係が強い「機械設備」について取り上げていきます。

前回と同様、OECD各国の1人あたりドル換算値で比較していきましょう。

生産資産 機械設備 1人あたり ドル換算 推移

図1 生産資産 機械設備 1人あたり ドル換算
(OECD 統計データ より)

図1は生産資産のうち、機械設備の推移グラフです。
人口1人あたり ドル換算値です。

日本はやはり円高だった1995年をピークに上昇し、その後停滞しています。
このあたりの動きは、水準の高低はあるものの、機械設備、住居、一般建造物ともに同じような動きですね。
当然ですが、ストック面だけでなく、フロー面でも同じような推移です。

日本の水準は一時はアメリカを凌ぎ極めて高い水準となったものの、長い停滞のうちに同じ工業立国のドイツに抜かれ、OECDの平均値と同程度にまで落ち込んでいるのがわかります。

2. かつては機械設備も多く持っていた日本

生産資産 機械設備 1997年 1人あたり ドル換算

図2 生産資産 機械設備 1997年 1人あたり ドル換算
(OECD 統計データ より)

1997年の状態を切り取って、水準の高い順に並べたのが図2です。

この年は、円高だったという事もありますが、日本のGDPや平均所得がピークを付けた日本経済の絶頂期です。

この頃日本は、機械設備の保有額でも先進国で高い水準だった事がわかります。

日本の機械設備は1人あたり16,231$で、ルクセンブルクやデンマーク、ノルウェーに次いで4番目、アメリカ(14,292$)、ドイツ(12,720$)よりも高く、OECD平均(10,302$)の1.6倍の水準です。

3. 先進国中位に落ち込んだ工業立国日本

生産資産 機械設備 2018年 1人あたり ドル換算

図3 生産資産 機械設備 2018年 1人あたり ドル換算
(OECD 統計データ より)

図3が2018年のグラフです。

ルクセンブルクが突出して高い数値を誇るのが印象的です。

アメリカやドイツは順調に金額を増やし、それぞれ5位と10位で順位を上げています。
日本は16,450$で1997年とほとんど変わらない水準です。

OECD31か国中12番目で、平均値16,505$よりも少ない水準です。
1997年には倍以上の差をつけていた韓国にもかなり肉薄されているのがわかりますね。

機械設備については、順位は12位とそれなりに高いですが、金額面では平均値並み(ルクセンブルクに引っ張られて平均値が上がっている影響も大きいですが)です。

機械設備は日本国内での投資額(フロー)が停滞していますね。

その積み上げである生産資産の面でも当然停滞している事になります。

機械設備は生産能力を高めるものでもありますので、成長する世界の中で停滞しているという事は、相対的に生産性が落ちている事になると思います。

日本企業の生産性が低いといわれる、理由の一つがこの機械設備の停滞ともいえるかもしれませんね。

この機械設備の停滞は、日本企業の国内での企業活動の停滞を如実に表していると思います。

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

小川製作所 ブログ


TOKYOステンレス加工
TOKYO精密機械部品

TOKYO機械設計開発
株式会社小川製作所 ロゴ