156 「株式」は資産か負債か?

民間企業 資産・負債・正味資産 詳細

1. 負債にも計上される「株式」

前回は、民間企業と公的企業について、資産・負債・正味資産の推移に注目してみました。

民間企業の正味資産は、バブル崩壊以降ずっと停滞しているという状況である事がわかりました。

法人企業統計調査では、純資産は右肩上がりでしたが、国民経済計算の正味資産は横ばいという不思議な状況のようです。

今回は、もう少し詳細な民間企業の資産・負債について着目して、その不思議の正体を探っていきたいと思います。

民間企業 資産・負債・正味資産

図1 民間企業 資産・負債・正味資産
(内閣府 国民経済計算 より)

図1は民間企業の資産・負債・正味資産を項目ごとにグラフ化したものです。

まず注目していただきたいのが、生産資産がほぼ横ばいで、負債のうち借入がピークから減少し横ばいである事です。

そして、このグラフで特徴的なのが、負債側にも「株式」が含まれ、資産側の株式と対称に近い推移となっている事です。
つまり、株式の価値は資産側と負債側に計上されていて、正味資産(純金融資産)で見るとかなりの部分が相殺されるという事になります。

負債側の株式の方が多いのは、株式の所有者が民間企業だけではないという事を意味しますね。
超過している分は、海外も含め他の経済主体の資産となりますね。

2. 法人企業では純資産は右肩上がり

日本の民間企業の正味資産は横ばいという事がわかりましたが、以前法人企業統計調査で、日本の法人企業の純資産についても取り上げたことがあります。
 参考記事: 企業の資産と負債のバランスとは
 参考記事: 金融投資の会社に変貌する日本企業

その時のグラフも見てみましょう。

日本の法人企業 全規模 資産・負債・純資産

図2 日本の法人企業 全規模 資産・負債・純資産
(法人企業統計調査 より)

図2は日本の法人企業の資産・負債・純資産です。
法人企業は、日本の企業全体の損益計算書や貸借対照表と言えそうです。
この統計データでは、純資産は右肩上がりで増大しています。

日本の法人企業 全規模 資産・負債 詳細

図3 日本の法人企業 全規模 資産・負債 詳細
(法人企業統計調査 より)

図3が日本の法人企業の資産と負債の詳細推移です。


特徴的なのは、有形固定資産も借入金も全体的に停滞している中で、有価証券だけが右肩上がりで増大しているという部分です。
有価証券の多くは「株式」になります。

日本企業は、借入金を増やして事業投資をする存在から、金融投資で資産運用をする存在へと変質しているという事を指摘しました。

そして、この統計データでは、負債側には「株式」が計上されていません。

3. 資金循環でも確認してみよう!

企業の金融資産と負債だけで見れば、日銀の資金循環も以前ご紹介しました。
 参考記事: 借金を増やさない日本企業

非金融法人企業 金融資産・負債

図4 非金融企業 金融資産・負債 積上
(日本銀行 資金循環 より)

図4が日銀の資金循環統計データによる、企業の金融資産と負債、資産・負債差額です。

こちらには負債項目の中に株式等が含まれていて、資産・負債差額の推移も図1の純金融資産の推移と同じ様な推移となっています。


非金融法人企業 金融資産・負債 詳細

図5 非金融法人企業 金融資産・負債 詳細

図5が資金循環統計の各項目ごとの推移です。

やや項目や数値が異なりますが、ほぼ図1から生産資産と非生産資産を抜いたものと一致しそうですね。

負債側には「株式等」が存在し、最大の負債項目になっています。

国民経済計算や資金循環統計では負債に株式が計上され差引きは資産・負債差額や正味資産という表現です。
法人企業統計調査では負債に株式が計上されておらず、差し引きは純資産となります。

資産・負債差額や正味資産と、純資産は「株式」は誰のものか、という観点で異なるようですね。

4. 「株式」は資産?負債?

「株式」とは一体何なのでしょうか?

他社の株式は、金融資産ですね。
所有している株式の株価が上がれば資産が増えますし、株式を新たに購入する事でも現金・預金が減り、株式という資産が増えます。

株式はその企業の所有権でもありますし、配当金を受け取るための権利でもありますね。

上場株式は実体の企業経営とは切り離された株式市場で売買され、そこで勝手に株価が上下します。

企業から見れば、自社の株価が上がったところで、会社のお金が増えるわけでは無いですね。

資産側に計上される株式は他社の株式を保有する時価額でしょうし、負債側に計上される株式は自社の株式の時価額と言う事になると思います。

また、非上場企業にとっては、株式は企業の価値(純資産)を分け合うための単位でもあるはずです。
実際的な株価は、企業の価値=純資産によって変動するはずですね。
例えば、当初純資産1000万円で発行株数が100株だとすると1株あたり10万円の価値ですが、事業を継続する事で純資産1億円に増えれば、1株当たり100万円分の価値となるはずですね。

株式は、株主の側から見れば企業の所有権であり資産となりますが、企業の側から見れば株主への負債という事になるのだと思います。

企業そのものを資産として見て、その所有者は誰なのかを考えた場合に、企業は株主の資産と言う事ですね。

企業が資産運用で他社の株式を保有していれば、企業全体として見れば資産と負債が相殺し合うという事になります。

同じように、金融資産と負債は、国内では表裏一体のようですね。
ある主体の純金融資産が増えれば、別の企業の純金融負債が増えるといった具合だと思います。

その主体の純金融資産(負債)は何かというと、異なる経済主体(政府や家計)の純金融負債(資産)ですね。
これらも、日本全体で見れば相殺し合います。

そして、日本全体で差分が生じる場合には、それは海外との関係になるわけですね。
例えば、日本の国内全体の正味で株式がマイナスであれば、残りは海外が日本企業の株式を超過して保有している事になると思います。

結局、企業が株式投資をしていても、企業全体で見れば正味資産の増加には寄与しないという事になりますね。

企業が借入を増やし、生産資産を増やして、生産性が向上する事で経済全体が成長する事が通常です。
他国の例を見れば、企業は純金融負債を増やし続けるのが通常ですね。

企業は負債を増やして、資産側の生産資産を増やすのが通常の役割とも言えそうです。
その分生産性が向上して、利益が上がり、更なる生産資産への投資を行うという循環ですね。
その中で、労働者でもある消費者の所得が増え、需要も増えるという事だとおもいます。

日本の場合は、企業が負債を増やさないために、株式などの金融投資を増やしているようにも見受けられます。
本来の事業投資でなく、金融投資による資産運用をする主体へと変貌しているという事ですね。

デフレだから、一社一社の合理的行動の末このようになっているいわゆる「合成の誤謬」と呼ぶべきものかは、私にはわかりません。

ただ、金融投資だけでは、日本全体の国富=正味資産が増えない、という事が言えそうです。


企業としての役割とは何なのか、もう一度考えてみる必要がありそうですね。

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

ブログランキングバナー

下記いずれかのバナーをクリックいただけると、ランキングアップへの投票となります。
ランキング上位となりますとより多くの皆様の目に留まり、情報を共有しやすくなります。

統計関連リンク

日本政府統計 (e-Stat)
OECD (経済協力開発機構)
IMF (国際通貨基金)
UNIC (国際連合広報センター)
JETRO (日本貿易振興機構)
日本銀行
内閣府
財務省
社会保障・人口問題研究所
日本取引所グループ

小川製作所 ブログ


TOKYOステンレス加工
TOKYO精密機械部品

TOKYO機械設計開発
株式会社小川製作所 ロゴ