151 海外と自国のお金の関係とは?

1. 海外への資産

前回は、政府の純金融資産(負債)について改めて、各国比較をしてみました。
政府の負債は将来へのツケと言われますが、本当にそうでしょうか?

日本は1人あたりの政府の純金融負債がアメリカに次いで大きいようです。

その背景には、企業が負債を減らしている分、政府の支出が増えているという事がありそうですね。

日本の場合、政府と共に純金融負債を増やしている主体が「海外」です。

今回は、海外の純金融負債について見ていきましょう。

海外 純金融資産 1人あたり OECD

図1 海外 純金融資産
(OECD 統計データ より)

図1が海外の純金融資産について、人口1人あたりドル換算したグラフです。

あくまでも海外として見たときの資産になりますので、このグラフの数値がプラスだと海外がプラス、国内がマイナスとなります。

海外の純金融資産がプラスの国は海外から資本が流入している国ですね。
ポーランドやハンガリーなど経済成長中の国や、ギリシャやポルトガルなど経済に変調のある国が多いようです。

海外の純金融資産がマイナスの国は海外へ資本が流出している国ですね。
海外に対して資産を持っているという事になります。

資源大国ノルウェーはその潤沢な資金で、自国企業や海外に投資をしていますので、断トツですね。
その他にもスイスやルクセンブルク等お金持ちの国が続きますが、次いで多いのが日本とドイツです。

日本は人口1人あたり25,459ドルの対外純資産を持っているという事になります。

2. 推移についても見てみよう!

それでは、主要国の推移についても見てみましょう。

海外 純金融資産 1人あたり OECD

図2 海外 純金融資産 1人あたり
(OECD 統計データ より)

図2が主要国の推移のグラフです。

G7に韓国、スウェーデン、スイスを追加しています。

スイスの水準が、非常に大きいのがわかりますね。

日本も1995年の段階から高い水準ですが、近年は停滞気味のようです。
対外純資産の多くは企業や政府が持っていますね。
企業の場合は対外直接投資が多いようです。

ドイツは近年になって急速に対外純資産を増やしていますね。
現在は日本とほぼ同じくらいの水準になります。

アメリカは逆に、海外に対して負債を負っている状況です。
逆に言えば海外から投資が集まっている国、と言う事ですね。

3. 対外純資産とは?

日本は対外純資産がプラスの国です。

この事実をもって、日本は「お金持ちの国」としても語られる事が多いですが、果たして本当にそうでしょうか。

今まで見てきたように、日本は国内の投資(総資本形成)を減らしています。
その一方で海外への投資を増やしているわけですね。

国内は投資が減って困窮し、労働者が貧困化しているわけです。
本来は国内に向かうべき投資が、海外に流出している、というようにも見れるわけですね。
対外純資産がプラス=資本流出という事になります。

一方でドイツは、近年急速に対外純資産を増やしていますが、国内の投資も増やしています。
バランスを取りながら、少しずつ国民が豊かになっているのがドイツと言えそうですね。
(その分EU圏内の国が変調しているという指摘もあるようです)

日本とドイツは工業立国と言う事もあり、人口が停滞していたりと似た部分の多い国同士です。
ただ、中身をよく見ると、全く異なるところも多いのが興味深いです。

特に国内の労働者に対する捉え方が異なるようにも思います。

日本では現在まで見てきた通り、国内労働者を「コスト」と見做して、国内経済よりも海外へ活路を求めるグローバル化が進みました。
特に、製造業など企業が海外に拠点を移し、海外での事業を行う多国籍企業化が進んでいます。
 参考記事: 日本型グローバリズムの急進展

企業が、海外での事業に投資する事を「対外直接投資」と言いますね。
単に株価の値上がりや配当金を目的とした「対外証券投資」とは区別されます。

非金融法人企業 金融資産・負債 詳細

図3 非金融法人企業 金融資産・負債

図3が日本企業の資産と負債の推移です。
負債側の「貸出」が企業の負債ですね。
見事に停滞している一方で、資産側の「対外直接投資」は右肩上がりで150兆円程度の規模になります。


企業は負債を増やさず、海外に投資する存在になっているわけですね。
(ちなみに企業の対外証券投資は、直近で23兆円くらいです)

結果的に、国内のビジネスが収縮し、国内経済が窮乏している面もあるわけですね。


日本全体として対外純資産がプラスというのは、その分国内への投資が減っている事も意味しているという事を理解しておいた方が良いかもしれません。

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

ブログランキングバナー

下記いずれかのバナーをクリックいただけると、ランキングアップへの投票となります。
ランキング上位となりますとより多くの皆様の目に留まり、情報を共有しやすくなります。

統計関連リンク

日本政府統計 (e-Stat)
OECD (経済協力開発機構)
IMF (国際通貨基金)
UNIC (国際連合広報センター)
JETRO (日本貿易振興機構)
日本銀行
内閣府
財務省
社会保障・人口問題研究所
日本取引所グループ

小川製作所 ブログ


TOKYOステンレス加工
TOKYO精密機械部品

TOKYO機械設計開発
株式会社小川製作所 ロゴ