149 意外と多い!日本人の金融資産

1. 意外と多い日本人の純金融資産

前回は、主要国の企業の純金融負債を比較してみました。
日本の企業は、1995年頃には極めて高い水準の金融負債を負っていたことがわかりました。

そしてデフレと共に国内での投資を減らし、徐々に純金融負債を減らしています。
他国は、徐々に純金融負債を増やしている国が多いようです。

人口1人あたりの金額で見れば、以前は最も高い水準の負債額だったのが、現在は先進国の中で中くらいの水準まで落ちていることがわかります。

主要国でこのように、企業の純金融負債が減っているのは日本にだけ見られる状況のようです。
参考記事: 「国のカタチ」を可視化してみる

企業が主として、場合により海外や政府が純金融負債を増やす反対側で、家計の純金融資産が増大していく、というのが現在の資本主義経済の国々の基本形と言えそうです。

日本の場合は企業が特殊な状況と言う事がわかりましたが、家計の方はどうでしょうか。

今回は、家計に焦点を当てて、純金融資産の程度を比較してみたいと思います。

家計 純金融資産 1人あたり OECD

図1 家計 純金融資産 1人あたり
(OECD 統計データ より)

図1が家計の純金融資産のグラフです。
1995年と2018年のデータを比べていて、2018年で数値の大きい順に並べています。

この統計では、日本は1人あたり112,500ドルもの純金融資産を持っている事になります。
先進国のなかでも5番目と非常に水準が高い事もわかりますね。

直近ではアメリカが最も純金融資産を持っていて、1人あたり207,200ドル程度と日本の倍近くにもなります。
スイスやデンマークなども水準が高いですね
一方で資源大国でもある北欧のノルウェーが少ないのが興味深いです。

日本は、1995年の時点ではデータのあるなかでアメリカを抜き、最も水準の高い国だったようです。

日本はお金持ちの国、と言われるのはこの部分ですね。
家計の純金融資産が、先進国でも多いわけです。

ただし、注意が必要な点がいくつかありますね。
既に見てきた通り、この中には年金受給権等、今は持っていないけど今後受け取る予定のお金が含まれているという点です。
そして、金融資産の多くは、高齢層に偏っているという点ですね。

貯蓄額で言えば、全貯蓄額の7割は60歳以上の高齢層が所持している状況で、それ以下の世代は貧困化が進んでいます。
参考記事: 貧困化で豊かになる家計の不思議

もちろん、日本は所得格差も資産格差も比較的小さい国です。

参考記事: 日本人の所得格差は大きいのか?


他の先進国は恐らく、世代間と言うよりも、全体的に格差が大きいのではないでしょうか。

2. 純金融資産の推移を見てみよう!

続いて、家計の純金融資産の推移も見てみましょう。

家計 純金融資産 1人あたり 推移 OECD

図2 家計 純金融資産 1人あたり 推移
(OECD 統計データ より)

図2は主要国の家計の純金融資産の推移です。

特徴的なのは、日本の停滞感ですね。
確かに増加傾向ではありますが、他の国の増加ぶりと比較するとかなり緩やかである事がわかります。

アメリカやスイスには差を広げられて、スウェーデンには追い抜かれ、カナダやイギリスにかなり差を詰められている状況ですね。

日本単体のグラフで見ると、家計は右肩上がりで増大していますが、国際比較してみるとその伸びはかなり緩やかであるという事がわかります。

3. 右肩上がりの家計資産も成長鈍化している

家計 純金融資産 変化率 OECD

図3 家計 純金融資産 変化率
(OECD 統計データ より)

図3が1995年を起点とした、家計の純金融資産の変化率です。

元々の水準が高かった事もありますが、変化率に直すとこれだけの違いが出てきます。

アメリカやカナダはこの23年間に実に4倍にもなっていますし、ドイツ、フランス、イギリスは3~3.5倍、イタリアは2倍以上です。
日本は1.5倍くらいですね。

右肩上がりに見えていた家計資産も、実はかなり成長が緩やかであるという事になります。

4. これから起こる日本経済の変調

いかがでしたでしょうか。
今回は、家計の純金融資産についてフォーカスしてみました。

日本は企業が純金融負債を減らしているので、その代わりに政府と海外が負債を増やし、家計が資産を増やしている状況です。

その家計資産は、1995年の段階では極めて高い水準だったのが、他国と比べると緩やかな成長となっていて、他国に抜かれていっている状況ですね。

現在はまだ先進国で5番目の高い水準を維持していますが、この傾向が続けば更に順位を落としていく事になりそうです。

長引くデフレと共に、国内経済が衰退し、一時は「お金持ち」と言われた日本ですが、そんな状態すらもそろそろ終わりを告げようとしているのかもしれませんね。

「お金持ち」でお金さえ出していれば済まされていた問題も、そんな余裕もなくなっていくのかもしれません。

家計 金融資産 負債 詳細

図4 家計 金融資産・負債 詳細

図4は日本の家計の金融資産と負債の時系列データです。
「現金・預金」が右肩上がりですが、もう一つ「保険・年金・定型保証」も右肩上がりに増大していますね。
「保険・年金・定型保証」は、将来もらえる予定の年金や保険の受給権などになります。
現在は家計の手元にはないけれど、将来もらえるはずのお金ですね。

この分で資産が嵩上げされている面があります。

また、「現金・預金」については、高齢世帯と一部富裕層に偏在していて、特に世代間の資産格差の大きい部分ですね。

参考記事: 私たちの資産は本当は増えてる?

貯蓄額のシェア 推定 世帯主の年齢階級別

図5 貯蓄額のシェア
(国民生活基礎調査 より推定)

図5が、世帯主の年齢階級別の貯蓄額のシェアを示します。

高齢世帯が増えている事もあり、家計の貯蓄の7割以上が高齢世帯が占めます。
一方で、60歳未満のどの世帯でもシェアが減っている状況ですね。
参考記事: 豊かなはずの家計資産の正体とは?

今後はこの貧困化した世帯が高齢世帯となり、極端に世帯数の少ない貧困化した20~30代世帯が主たる現役世帯として支えていく構図になります。

現在はまだ日本は「お金持ちの国」と言えると思いますが、今後はどんどん「普通の国」になっていきますね。
さらに、そこから「衰退国」にならないよう、転換が必要な時期なのかもしれません。

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

ブログランキングバナー

下記いずれかのバナーをクリックいただけると、ランキングアップへの投票となります。
ランキング上位となりますとより多くの皆様の目に留まり、情報を共有しやすくなります。

統計関連リンク

日本政府統計 (e-Stat)
OECD (経済協力開発機構)
IMF (国際通貨基金)
UNIC (国際連合広報センター)
JETRO (日本貿易振興機構)
日本銀行
内閣府
財務省
社会保障・人口問題研究所
日本取引所グループ

小川製作所 ブログ


TOKYOステンレス加工
TOKYO精密機械部品
TOKYO機械設計開発
株式会社小川製作所 ロゴ