145 欧州諸国の「国のカタチ」とは?

日本 純金融資産 推移

1. 少し日本と似ているフランス、イタリア

前回は、各国の家計、企業、政府、金融機関、海外の主体ごとの純金融資産を見る事で、「国のカタチ」を可視化してみました。


家計の純金融資産が右肩上がりなのは、どの国も共通のようです。その代わりに負債を増やす主体がどこなのか、と言う部分で各国の「国のカタチ」が異なるという事ですね。


日本は、企業が負債をむしろ減らしているので、代わりに政府と海外が負債を増やしています。アメリカやイギリス、カナダ、ドイツなどは、やはり基本は企業が負債を増やしていて、その次に政府や海外が負債を増やしているような状況ですね。


今回は、G7残りのフランス、イタリアと、北欧諸国についての国のカタチを見ていきたいと思います。ちょっと私の趣味も入り、マニアックになっていきますが、どうぞお付き合いください。

まず日本のカタチのおさらいです。

日本 純金融資産 OECD

図1 日本 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より作成)

図1が日本の純金融資産の推移です。

家計が右肩上がりで純金融資産が増加していて、政府と海外が右肩下がりで純負債を増やしています。

企業は、元々高い水準でしたが、純負債を減らしています。

フランス 純金融資産 OECD

図2 フランス 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より作成)

図2はフランスのグラフです。

アメリカやカナダなどと比べると企業の純負債の伸びが緩やかですね。

2008年あたりから政府の純負債の伸びが大きくなっています。

ドイツと比べ、海外の純金融資産はほとんど変化していません。

イタリア 純金融資産 OECD

図3 イタリア 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より作成)

図3はイタリアのグラフです。

フランスよりも更に状況が異なりますね。

2006年あたりから企業の純負債が横ばいです。

元々高い水準だった政府の純負債も途中から横ばいになっています。

そして、家計の純資産が2006年から停滞気味になっているのがわかります。

イタリアは経済が停滞していると良く指摘されますが、国のカタチをみるとこのような状況になっているわけですね。

政府も緊縮気味になっているので、誰も順負債を増やす主体がいないため、家計の純金融資産が増えていない、と言う事なのだと思います。

それでも、1995年の水準と比べると家計の純金融資産は2倍以上にはなっています。
ここまでは、日本も含めた経済大国であるG7の国のカタチを見てきました。とても大切な着眼点だと思いますので、他の国々についてもフォーカスしてみましょう。

2. 典型的なスウェーデン、デンマーク

まず今回取り上げるのは、北欧諸国です。
北欧と言うと、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェーですね。(アイスランドはデータがありませんでした)

スウェーデン 純金融資産 OECD

図4 スウェーデン 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より作成)


図4はスウェーデンのグラフです。家計と企業が綺麗な対称形状で成長しているのがわかります。
政府も金融機関も海外も、それと比べると非常に小さな割合ですね。企業が純負債を増やして、家計が成長するという典型的な国のカタチと言えそうです。


よく見ると2016年くらいまで海外の純金融資産がプラスだったようです。
海外からの投資も一定量あったわけですね。

そして2006年あたりから政府の純金融資産もプラスです。
政府は純負債を増やすばかりの主体と言うわけでもない事がわかりますね。

デンマーク 純金融資産 OECD

図5 デンマーク 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より作成)


デンマークもスウェーデンほどではありませんが、綺麗に家計の純資産と企業の純負債が対称的に成長しています。
政府の純金融資産はほぼゼロですが、直近では海外の純負債が増えていますね。

スウェーデンもデンマークも政府の純金融資産がほぼゼロなのも特徴的です。
北欧は高福祉高負担と言われますが、税収をそのまま国民に還元している、と言う事が現れているということでしょうか。

3. 特徴的なフィンランド、ノルウェー

北欧の中でも、スウェーデン、デンマークは、典型的な資本主義国家のカタチと言えそうですが、フィンランドとノルウェーは少し様子が異なりそうです。

フィンランド 純金融資産 OECD

図6 フィンランド 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より作成)


図6がフィンランドのグラフです。
特徴的なのは日本と同様に企業の純負債が停滞している点でしょうか。
ただ、日本と異なるのは政府の純金融資産が増えているという部分ですね。

1999年あたりから、海外の純金融資産が減っていき、その分家計と政府の純資産が少しずつ増えています。


1999年までは、海外からの投資が増え、企業が純負債を増やして経済が成長する、というモデルだったようですね。

その後は、海外からの投資が減り、企業の純負債が停滞しながらも家計と政府の純金融資産を増やしています。
今までにない、特殊な国のカタチと言えそうです。


フィンランドと言えば、「ノキア」が有名ですね。北欧で随一の工業国としても知られているようです。

1995年~1999年にかけて、EUへの加盟、ユーロの導入などもこの辺りと関係しているのでしょうか。2000年頃を境に国のカタチが変わった興味深い国と言えそうです。


フィンランドは2000年代初頭では、4年連続で国際経済競争力首位となっていたようです。国民の幸福度が高い国としても有名ですね。


現在は、政府と家計で純金融資産を分け合っているような形です。
高福祉高負担国の独特な国のカタチと言えるのかもしれません。

ノルウェー 純金融資産 OECD

図7 ノルウェー 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より作成)


図7はノルウェーのグラフです。
今までのグラフとは全く異なるのにお気づきでしょうか。

私も何度かデータを見直したのですが、どうやらこれで間違いなさそうです。


右肩上がりで純金融資産が伸びている緑色は、家計ではなく、政府ですね。
右肩下がりで純負債が増えている黄色は、企業ではなく、海外です。

よく見ると家計の純金融資産は右肩上がりで増加していますし、企業の純負債も右肩下がりで増えています。
ノルウェーは日本同様に水産業でも有名ですが、経済的には何よりも北海油田等による原油の輸出が大きいですね。


高福祉高負担国としても有名ですが、この石油の収益を運用する独自の年金ファンドも注目されているようです。
石油収入をノルウェー政府年金基金やノルウェー政府年金ファンドというシステムで、海外企業や国内企業への投資に回して運用しているという事ですね。


政府の純金融資産が大きくプラスなのも、その石油収入による膨大な収入を投資に回しているから、と言う事ができそうです。
その分、政府の純金融資産が増え、海外や国内企業の純負債が増えているわけですね。
あまりにも政府、企業、海外の動きが大きいのでわかりにくいのですが、実は家計の純金融資産も1995年から2018年までで約5倍に増大しています。


恐らく、中東などの産油国もこのような国のカタチをしているのではないでしょうか。

いかがでしょうか、今回はG7の残りのイタリアとフランス、そして北欧諸国の国のカタチにフォーカスしてみました。
資本主義経済としては、主に企業が純負債を増やして、家計の純金融資産が増えていくというモデルが基本とは言えそうです。


ただし、フィンランドのように純金融資産を政府と家計で分け合うような国もありますし、ノルウェーのような資源大国では政府が一方的に純金融資産を増やしているような国もあるという事ですね。


次回も、OECD加盟国各国の国のカタチについてご紹介していきたいと思います。

皆さんはどのように考えますか?

ブログランキングバナー

下記いずれかのバナーをクリックいただけると、ランキングアップへの投票となります。
ランキング上位となりますとより多くの皆様の目に留まり、情報を共有しやすくなります。

統計関連リンク

日本政府統計 (e-Stat)
OECD (経済協力開発機構)
IMF (国際通貨基金)
UNIC (国際連合広報センター)
JETRO (日本貿易振興機構)
日本銀行
内閣府
財務省
社会保障・人口問題研究所
日本取引所グループ


TOKYOステンレス加工
TOKYO精密機械部品
TOKYO機械設計開発
株式会社小川製作所 ロゴ