10歳のためのものづくり学習プログラム 第1回

10歳のためのものづくり学習プログラム

ものづくりをテーマにしたプログラム

東京の小学校からの委託でTOKYO町工場HUBが企画・運営しているものづくりをテーマにした「10歳のためのものづくり学習プログラム」の第1回目が2019年10月11日(金)の5時限目と6時限目で実施され、当社もゲストとして参加いたしました。

ものづくりとは何か、私たちの生活とものづくりの関わりを学んでもらいながら、飛行機をテーマにクイズや解説を交えて学んでもらいました。

10歳のためのものづくり学習プログラム

飛行機から考えるものづくり

今回は飛行機をテーマにし、世の中で作られている様々なものがどのように作られているのかを考えるためのシナリオを準備しました。車やジャンボジェット機の部品数をクイズで出し、その部品類を作っている町工場の仕事や役割についても解説しました。

質問タイムでは、「なぜものづくりの仕事についたのですか」とか、「特殊なネジというのは、どういうネジなのか」など、たくさんの質問が出て盛り上がりました。

ものづくりで大切な「正確につくること」を体験してもらうため、世界記録をもつ形の紙飛行機をみんなで作り、体育館で飛ばす遊びも組み込んで、大いに楽しんでもらいました。

多くの子供達にものづくりの大切さと楽しさを伝える機会をいただき、ありがとうございました。

TOKYO町工場HUBとの連携

今回のプログラムはTOKYO町工場HUBの主催によるものです。

同社の詳細な紹介記事も是非ご覧ください。

TOKYO町工場HUBの記事はこちら

株式会社小川製作所 ロゴ