127 物価水準とGDPとの関係とは?

1. 国民の豊かさ=1人あたりGDP

前回は、物価水準についてフォーカスしてみました。

日本は1995年にアメリカの約2倍と言う世界一の物価水準を誇り、その後徐々に減少して現在は先進国平均並みにまで落ち着いています。

この間、日本はデフレと共に経済成長が停滞して、他の国から置いていかれている状況ですね。

今回は、経済の指標であるGDPと物価水準との関係について注目していきたいと思います。

まずは、国の豊かさを示す1人あたりGDPについて見ていきましょう。

1人あたりGDP 順位 1997年  OECD

図1 1人あたりGDP 1997年
(OECD統計データ より)

図1が1997年の1人あたりGDPの国際比較グラフです。

1997年は日本経済がピークだった年です。

それぞれの年の$で表した名目値になります。

この年、日本はOECD 37か国中で4番目に高い水準の35,035$です。

アメリカは31,424$で6位、ドイツは27,137$で9位、韓国は12,398$で24位といった状況ですね。

OECDの平均は21,681$程度です。

この時、日本はOECD平均値の1.6倍程の水準を誇っていたわけですね。

1人あたりGDP 順位 2019年 OECD

図2 1人あたりGDP 2019年
(OECD統計データ より)

図2が2019年のグラフです。

日本は名目値としては成長はしていますが、それ以上に他国が成長している状況ですね。

日本は、40,287$で19位と中位にまで後退します。

アメリカは、65,143$で6位を維持し、ドイツは46,467$で13位、韓国は31,842$で22位です。

OECDの平均は39,560$で、日本の数値とほとんど変わらない状況になってきています。

日本はOECDの中で、豊かな国から普通の国となっているというわけですね。

2. 物価水準と豊かさの関係

それでは、物価水準と1人あたりGDPとの関係について見ていきたいと思います。

物価水準と1人あたりGDPの相関 OECD

図3 物価水準と1人あたりGDPの相関
(OECD統計データ より)


OECDの平均値に対して、それぞれの国の物価水準と1人あたりGDPがどの様に変化したのかを相関図にまとめてみました。
絵具を塗りたくったようなグラフとなって煩わしいと思いますが、どうぞご容赦ください。


1997年から2019年までの、各国の物価水準と1人あたりGDPの関係を、OECDの平均値を100とした時の数値の変化として表現しています。
37か国全ての動きをまとめていますが、明らかに正の相関が見て取れますね。


つまり、物価水準とその国の豊かさ(1人あたりGDP)とは、強い相関があるという事が言えそうです。物価水準が高ければ、1人あたりGDPも高く、物価水準が低ければ、1人あたりGDPも低いという相関関係ですね。
日本は2000年に物価水準のピークがあり、それなりに高い水準の豊かさを誇っていましたが、徐々に左下に移動している状況がわかると思います。
物価水準が下落し、1人あたりGDPもOECDの平均値に近づいています。


韓国は逆に、物価水準が上がりながら、1人あたりGDPが増加しています。
ルクセンブルクがかなり外れたところにいますが、物価水準の割にはかなり高いGDPを誇る国と言う事になりますね。
スイスは物価水準もGDPも高い国ですし、アメリカも右上の領域をキープしています。


同じ工業国のドイツは、比較的原点付近でまとまっている感じですね。
もちろん、ドル換算した1人あたりGDPも、物価水準も、当該国の通貨とドルとの為替レートに影響を受けますので、留意が必要です。

3. 1人負け状態の日本

1人あたりGDPと物価水準の変化 相関

図4 1人あたりGDPと物価水準の変化 相関
(OECD 統計データ より)

図4は、図3は少し見難かったので、1997年の状態から2019年の状態までの変化量だけを相関図にまとめたものです。

OECDの平均値を100とした場合の、それぞれの指標の変化量を表しています。

日本は1997年に物価水準140、1人あたりGDP162で、2019年に物価水準110、1人あたりGDP102でしたので、変化量は物価水準が-30、1人あたりGDPが-60となります。

同様に他のOECD各国についてもプロットしたのが図4というわけです。

平均値に対して、自分の国のポジションがどれだけ変化したのか、を示すグラフとなります。

つまり、プラスになればOECDの平均値の成長に対して自国の成長の方が大きかった事を示し、マイナスであればその逆となります。

日本はこの20年程で1人負けの状態と言う事ですね。

比較的マイナスの成長なのが、ドイツ、フランス、イギリス、イタリアなどです。

OECDの平均的な成長に対してやや遅れを取っている状況と言う事ですね。

アメリカとカナダは高い水準で成長を続けていることが分かります。

日本はかつて世界一の物価水準を誇りましたが、その物価水準の下落と共に、経済は停滞しています。

当然他国は経済成長していますので、日本の国際的な豊かさも物価水準と共に逓減している状況と言えます。

1人あたりGDPと平均所得は強い相関がありますので、当然ながら労働者の所得水準も国際的に見れば下がっているという状況ですね。

現在は、物価水準も1人あたりGDPも先進国の平均レベルにまで落ちている状況です。

かつての経済大国としての日本は既に影を潜め、先進国として普通レベルの国(ただし落ち目)の国となっているのが現状ですね。

ここから一転して成長路線に軌道修正を図れるのか、このまま歯止めがきかずに国際的に落ちぶれて衰退を続けるのか、まさに今が転換期と言えるのかもしれません。

もう少し細かく見ると、物価水準はまだ110程度で、平均値から見れば割高ですね。

放っておけば、更に衰退(グラフの左下への以降)が続く可能性もありそうです。


皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

ブログランキングバナー

下記いずれかのバナーをクリックいただけると、ランキングアップへの投票となります。
ランキング上位となりますとより多くの皆様の目に留まり、情報を共有しやすくなります。

統計関連リンク

日本政府統計 (e-Stat)
OECD (経済協力開発機構)
IMF (国際通貨基金)
UNIC (国際連合広報センター)
JETRO (日本貿易振興機構)
日本銀行
内閣府
財務省
社会保障・人口問題研究所
日本取引所グループ


TOKYOステンレス加工
TOKYO精密機械部品
TOKYO機械設計開発
株式会社小川製作所 ロゴ