123 企業の負債と資産のバランスとは

1. 純資産を増やす日本企業

前回は、日本企業の資産、負債、純資産についてフォーカスしてみました。

日本企業は、大企業だけでなく、中小零細企業でも純資産が右肩上がりに増加している状況が分かりました。

今回は、企業規模別に資産や負債のバランスについて見ていきたいと思います。

日本の法人企業 全規模 資産・負債・純資産 法人企業統計調査

図1 資産・負債・純資産 全規模
(法人企業統計調査 より)

図1が、日本企業の資産、負債、純資産の時系列のデータを示しています。

上側(プラス側)が資産、下側(マイナス側)が負債を示しています。

黒い折れ線が資産-負債の純資産です。

日本企業は1995年に、資産も負債も一度ピークを付けた後、停滞します。

負債はそのまま停滞が続きますが、資産は2003年あたりから増加に転じ、1995年のピークを越えても増加し続けています。

負債は1995年のピークを越えていません。

直近では、資産が1,800兆円、負債が1,040兆円、純資産が760兆円にものぼります。

日銀の資金循環統計と異なり、この統計には資産側に固定資産も含まれます。

内訳を見ると、流動資産はピークからは横ばいが続いていますが、固定資産は増加が続いているようです。

純資産は右肩上がりで増加していますね。

日本企業は、全体として負債は増やさず、資産が増加して純資産が増えている状況です。

2. 資産は増えず負債を減らす中小零細企業

日本の法人企業 中小零細企業 資産・負債・純資産 法人企業統計調査

図2 資産・負債・純資産 積上げ 中小零細企業
(法人企業統計調査 より)

図2が中小零細企業(資本金1億円未満)に限定したグラフです。

全規模のグラフと大きく異なるのは、資産は横ばいで、負債が減少している点ですね。

そして純資産が増加しています。

全規模の平均と比べると、少し傾向が異なるようです。

直近では資産は600兆円、負債が400兆円、純資産が200兆円といったあたりです。

全体に占める割合は、資産35.8%、負債38.9%、純資産31.6%です。

3. 資産が増えている中堅企業

日本の法人企業 中堅企業 資産・負債・純資産 法人企業統計調査

図3 資産・負債・純資産 中堅企業
(法人企業統計調査 より)

図3が中堅企業のグラフです。

中小零細企業のグラフと比べると、負債がやや減少気味ながら横ばい、資産が1995年のピーク後減少してからプラス成長に転じています。

直近では、資産230兆円、負債130兆円、純資産100兆円といった具合です。

やや固定負債の割合が小さいようですね。

全体の中でのシェアは、資産12.9%、負債13.0%、純資産12.9%です。

4. 大きく資産が増大する大企業

日本の法人企業 大企業 資産・負債・純資産 法人企業統計調査

図4 資産・負債・純資産 大企業
(法人企業統計調査 より)

そして、図4が大企業のグラフです。

中小零細企業や中堅企業と大分様子が異なりますね。

まず資産が落ち込まずに右肩上がりです。

1990年から停滞が見られますが、2003年あたりから順調に増加しています。

負債も資産ほどではないですが、近年では増加傾向ですね。

資産は流動資産が停滞気味ですが、固定資産が大きく増大しているようです。

直近では資産900兆円、負債500兆円、純資産400兆円です。

全体のシェアは、資産51.2%、負債48.1%、純資産55.5%です。

大企業は労働者数では全体の2割程度に過ぎませんが、純資産では半分以上を占めているという事になります。

詳細は次回取り上げますが、中小零細企業も、中堅企業も、大企業も、企業規模関係なく純資産が増えていますが、その内情はやや相違がありそうです。

中小零細企業

 資産: 停滞

 負債: 減少→停滞(近年微増)

 純資産: 徐々に増加

中堅企業

 資産: 停滞→増加

 負債: 停滞

 純資産: 増加

大企業

 資産; 増加

 負債: 停滞→やや増加

 純資産: 増加

いずれにしろ、日本企業はどの企業規模でも、負債を増やさず、資産が増える又は維持する事で純資産が増大している状況のようです。

赤字企業が多い事を踏まえると、もしかしたら固定資産の減価償却が行われず、設備等の価値が高めに評価されている可能性もあるかもしれません。

本来、資本主義経済では、企業が負債を増やして投資を行い、生産性を高めていく事で、経済が成長していくものだと思います。

その大前提の「負債を増やす」という現象が起こっていないわけですね。

企業が負債を増やして投資をしないから経済が成長しないのか、経済が成長していないから企業が負債を増やして投資をしないのか、どちらでしょうか。

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。


TOKYOステンレス加工
TOKYO精密機械部品
TOKYO機械設計開発
株式会社小川製作所 ロゴ