120 日本人の長時間労働は過去の話?

1. 平均労働時間を見てみよう!

前回は、経済統計における「付加価値」について改めて考えてみました。

「付加価値」とは、「事業(仕事)を通じて付け加えられた金銭的価値」=「私達労働者の仕事の価値そのもの」ですね。

付加価値の合計が「GDP」ですし、ある期間あたりの「付加価値」が労働生産性となります。

これから労働生産性についても、取り上げていきたいのですが、その前に今回は「労働時間」について確認していきたいと思います。

労働生産性を考えるうえで、労働時間が重要な要素となるからです。

日本人は、「働きすぎ」と言われることが多いですね。

私も、子供のころから日本人の長時間労働が社会問題化している、という話を聞いて育ちました。

「24時間戦えますか?」のCMも何となく覚えています。

まずは先進国で日本人の労働時間がどの様な水準なのか見てみましょう。

平均労働時間 年間 2019年

図1 平均労働時間 年間 2019年

(OECD統計データ より)

図1は先進国と言われるOECD各国の、労働者の平均年間労働時間です。

平均労働時間の長い国から順に並べています。

日本は1,644時間と、36か国中21番目の水準です。

なんと、現在は実は日本人の平均労働時間は、先進国の中でも短い方のようです。

ちなみに、OECDの平均は1,667時間、G7の平均は1,612時間です。

日本はイタリアやカナダ等よりも労働時間が短いようですね。

主要国では、韓国が1,967時間と非常に長い労働時間ですね、アメリカも比較的長く1,779時間、イタリアで1,718時間です。

やはりドイツや北欧諸国は労働時間が短いですね。

ドイツで1,386時間、デンマークでは1,380時間と日本人の8割くらいの時間しか働いていません。

「日本人は働きすぎ」というイメージからすると、意外な結果ではないでしょうか。

2. 日本人は長時間働かなくなった?

日本人はブラック労働と言われるくらい、多くの時間働いているイメージでしたが、少なくとも最近はそれほど長い時間働いていないようです。

昔はどうだったのでしょうか?

時系列の推移についても見てみましょう。

平均労働時間 年間 推移

図2 平均労働時間 推移

(OECD 統計データ より)

図2がOECD各国の平均労働時間雄推移です。

全ての国を入れているので見難いですが、ご容赦下さい。

主要国は太線で色を付けています。

青が日本、赤がアメリカ、水色がイギリス、緑がドイツ、紫がフランス、ピンクがカナダ、オレンジがイタリア、茶色が韓国です。

日本は1980年代まではやはり世界の中でも平均労働時間の長い国だったようですね。

例えば1980年では、アメリカが1,816時間に対して、日本は2,121時間と2割近く多く働いていたようです。

それが、2000年頃に逆転して、今ではアメリカの方が長く働いているようです。

グラフから見てわかる通り、日本人の労働者は1990年頃を境にして急激に労働時間が短くなり、その後も減少し続けています。

その間に、アメリカやイタリア、カナダよりも労働時間が短くなっているわけですね。

ドイツやイギリス、北欧諸国は昔から労働時間が短かったようですね。

日本はバブル崩壊を境に、急激に労働時間が短くなったという事が言えそうです。

このデータはあくまでも労働者の平均労働時間ですので、非正規労働者なども含まれている可能性がありますね。

つまり労働者の総労働時間を、全ての就労者数で割った数値です。

一方でブラック労働と言われているように、一部の労働者には過大な長時間労働という負担が強いられている側面もあると思います。

日本は経済が停滞する中で、需要(仕事)が少ないため、結果的に働く時間も短くなっているのかもしれません。

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村