102 所得格差は開いているのか?

1. 所得格差は広がっているのか?

前回は、OECD各国の男性の所得格差についてフォーカスしてみました。

日本は他の国と比べると、イタリアや北欧諸国のように、比較的格差の少ない国である事がわかりました。

日本の格差は昔から少ないのでしょうか、今回は所得格差の推移について取り上げてみたいと思います。

所得格差 推移 日本 男性

図1 所得格差 推移 日本 男性

(OECD 統計データ より)

図1が日本の男性の所得格差の推移を表すグラフです。

所得十分位数の比であらわされています。

ここで使われるのは、最も所得の低い層を区切る第1十分位数、中央値の第5十分位数、最も所得の高い層を区切る第9十分位数です。

それぞれの意味は、前回と前々回記事をご参照ください。

第9/第1 十分位数は、第1十分位数と第9十分位数の比ですので、最も貧しい層と最も豊かな層の所得の比となります。

この数値が大きくなると、格差が大きくなっていくという事になりますね。

日本の場合は直近で2.8です。

この数値は先進国でも小さい方です。

第5/第1 十分位数と第9/第5 十分位数は、それぞれ中央値と第1十分位数の比、第9十分位数と中央値との比となります。

第5/第1 十分位数が大きくなると、低所得層と中央値との開きが大きくなるという事ですので、高所得層の割合が大きい分布となることが言えます。

第9/第5 十分位数が大きくなると、高所得層と中央値との開きが大きくなりますので、低所得層の割合が大きい分布となることが言えます。

図2 所得分布の形

イメージで言えば、図2のような形ですね。

(A)という分布に対して、(C)は第5/第1 十分位数が大きい分布ですので、高所得側に分布が寄った形をしています。

逆に(D)は第9/第5 十分位数が大きい分布ですので、低所得側に寄った形ですね。

日本の場合は、第5/第1十分位数が横ばいなのに対して、第9/第5十分位数が少しずつ増加していっています。

つまり、図2の(D)のような分布に変化していっているという事ですね。

低所得側の割合が大きくなっており、第9/第1十分位数も大きくなっている事からも、少しずつですが格差が広がっている事がわかります。

ちなみに、第5/第1十分位数と、第9/第5十分位数の数値が等価に近づくほど、分布の形が対称形(正規分布)に近づいていきます。

また、これらの指数はあくまでも分布の形を表していますので、全体として高所得側、低所得側のどちらに寄っているかは表現されません。

通常は、全体的に所得水準が上がりながら、分布の形が変化していると思います。

ただし、日本の場合は、所得水準が下がりながらの分布の変化である事は、注意が必要です。

2. 他の国の推移も見てみよう!

それでは、特徴的な他の国の格差の推移も見てみましょう。

まず格差の比較的大きいアメリカです。

所得格差 推移 アメリカ 男性

図3 所得格差 推移 アメリカ 男性

(OECD 統計データ より)

図3がアメリカのグラフです。

第9/第1十分位数が右肩上がりで増加しています。

どんどん所得格差が開いている状況ですね。

直近では5.1となっています。

最も貧しい層と最も豊かな層には、5倍以上の所得格差があるという事ですね。

分布の仕方も1998年までは、第5/第1十分位数のほうが大きかったのですが、以降は第9/第5十分位数の方が上回り差が広がっています。

飛びぬけて高所得な人が増える事で、相対的に低所得層の割合が増えている状況と言えそうですね。

所得格差 推移 韓国 男性

図4 所得格差 推移 韓国 男性

(OECD 統計データ より)

図4が韓国のグラフです。

2007年頃まで格差は開く方向だったようですが、それ以降は格差が縮まっているようです。

第9/第1十分位数はピークの2007年で5.0、直近では3.9程度です。

第9/第5十分位数は2007年以降で横這いですが、第5/第1十分位数が少しずつ減少しています。

低所得側の格差が小さくなることで、全体としての格差が縮まっているような形ですね。

所得格差 推移 スウェーデン 男性

図5 所得格差 推移 スウェーデン 男性

(OECD 統計データ より)

図5が、OECDで最も格差の少ないスウェーデンのグラフです。

第9/第5十分位数と第5/第1十分位数がかなり離れているのが特徴的ですね。

かなり低所得側に寄った分布をしている国と言えそうです。

第9/第1十分位数は直近で2.3弱と極めて小さな数値です。

1995年から比べると若干格差は開いているようです。

第9/第5十分位数はやや減少傾向ながら、第5/第1十分位数が少しずつ増大しています。

3. 格差が縮小している国もある!

所得格差 推移 フランス 男性

図6 所得格差 推移 フランス 男性

(OECD 統計データ より)

図6がフランスのグラフです。

1995年からのデータとなりますが、格差が縮小している例と言えます。

直近では第9/第1十分位数は3.1程度です。

スウェーデンと同様に第9/第5十分位数と第5/第1十分位数が離れていますので、低所得側に寄っている分布と言えそうです。

第9/第5十分位数は横ばいですが、第5/第1十分位数は徐々に下がっているようです。

低所得層が減る事による格差縮小が言えると思います。

今回は、所得格差の推移と、格差の分布の形についてフォーカスしてみました。

日本は所得格差が小さい方ではありますが、徐々に格差が開いています。

特に低所得者層の割合が増える形に格差が開いているようです。

次回は所得格差の分布について、もう少し詳しく取り合てみたいと思います。

みなさんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村