093 日本は本当に移民大国なのか?

1. 意外と多い日本の移民数

前回は、G7各国の人口について可視化してみました。

アメリカ、カナダ、イギリス、フランスのように先進国でも人口が増加している国もあれば、ドイツ、イタリアは人口増加が停滞していますし、日本は減少に転じて久しい状況です。

経済成長は人口に影響を受けるのは間違いのないところだと思います。

移民を受け入れる事で人口減少を補っている国も多いのではないかというご指摘もいただきましたので、今回は移民について取り上げてみたいと思います。

実は日本も「移民大国」である、という話を何度か聞いたことがありますので、今回は本当にそうなのか見ていきたいと思います。

国連では「移民」を「出生あるいは市民権のある国の外に12カ月以上いる人」と定義しているとの事です。

ということは、一定期間国内に滞在する「技能実習生」や、「留学生」も移民に含まれる事になりますね。

移民数 ストック 2016年 OECD

図1 移民数 ストック 2016年

(OECD 統計データ より)

図1は、OECD各国の移民数をグラフ化したものです。今回取り上げる移民数の定義(Foreign population by nationality)では、以下の住民を含みます。
・ 外国籍の住民(Persons born abroad who retained the nationality of their country)

・ 2世、3世の移民

(もう一方の定義(Foreign-born population by country of birth)は、帰化した第一世代の人数を数えるもののようですが、日本は統計が公開されていないようでしたので、こちらは今回は除外します。)

アメリカが2240万人と圧倒的に多いですね。

ドイツも910万人の水準です。

イギリスやイタリア、フランスなどに続いて日本は220万人で8番目の水準です。

移民数としては日本はOECDの中でも多い方という事がわかりますね。

2. 移民の流入数

G7各国についてもう少し詳しく時系列を見てみましょう。

移民 流入

図2 移民 流入数

(OECD 統計データ より)

まず、図2がG7各国の移民の流入数(Inflow)をグラフ化したものです。

1年間に受け入れた移民の数という事ですね。

ドイツとアメリカが圧倒的に多いという事がわかります。

ドイツは近年になって大きく人数を増やしていて、アメリカを抜いて年間で一番多くの移民を受け入れている国となっています。

直近では、ドイツは1年で138万人、アメリカは112万人、イギリスで52万人、日本で47万人です。

日本もこの中では多い方ですね、イギリスに次いで4番目です。

ちなみに、OECD36か国中でも4番目の非常に高い水準に位置します。

「日本は移民大国だ」という事を聞いたことがありますが、確かにこのグラフを見ると決して誇張ではないのかもしれません。

ただし、技能実習生は年間に40万人程といわれていますので、流入数の大多数はこのような技能実習生であると言えそうです。

3. 日本は母国に帰る移民が多い

移民数 ストック

図3 移民数 ストック

(OECD 統計データ より)

図3が移民数の合計人数の推移です。

アメリカは2000年頃から急激に増え近年では停滞しています。

ドイツは2010年頃から増え続けていますね。

フランスは以前からドイツに次ぐ高い水準ですが、イギリスやイタリアは近年で大きく増加しているようです。

日本はこれらの国と比べると緩やかな増加の仕方をしていますね。

技能実習制度などで、日本に来て一定期間滞在するけれど、母国に帰る人など(Outflow)も多いようです。

このため、差し引きで日本に残る移民数は低く抑えられ、このような推移になっていると思われます。

ちなみに、移民が総人口に占める割合については、下記のような順位と割合になります。

1. ドイツ 12.8%

2. イギリス 9.0%

3. イタリア 8.5%

4. フランス 6.9%

5. アメリカ 6.9%

6. カナダ 6.5%

7. 日本 2.0%

ドイツは移民が多いイメージでしたが、実に人口の1/8程が移民という状況ですね。

減少していく人口を移民によって補っているという状況は確かにその通りかもしれません。

日本は技能実習制度などで、一定期間が経つと母国に帰る人が多く、日本に残る移民数としてはG7の中では多くありません。

減少していく人口を補うために、日本の移民を増やせば良いのではないか、という意見もあると思います。

本当にそれが解決策なのか、意見の分かれるところかもしれませんね。

みなさんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村