087 経済成長を牽引する需要とは?

1. 高成長を牽引する需要とは?

前回は、高い経済成長を誇るアメリカ、先進国としては低い成長率のドイツ、そして日本のGDPを比較しました。

GDPを構成する家計最終消費支出、政府最終消費支出、総資本形成、純輸出について、ドイツやアメリカは基本的には全て右肩上がりで上昇しているのに対して、日本だけ異なる傾向です。


日本の場合、政府最終消費支出は増大傾向にありますが、家計最終消費支出は停滞し、総資本形成に至ってはピークから減少してそのまま停滞しているという状況でした。


総資本形成は、住居や建築物などへの支出です。
民間では住宅、政府の支出としては公共事業、企業の支出としては設備投資などが該当し、まさに社会としての投資にあたる部分ですね。

総資本形成の内訳を見ると、民間も政府も企業も減らしていて、日本全体として投資をしなくなったという実態が分かりました。
先進国では、日本と同じ様に総資本形成が抑えられる傾向にあるのでしょうか?
また、各国で何が経済を成長させる要素なのでしょうか。

今回は、GDPの支出面を構成する項目について、日本経済の転換点となった1997年からの増加率に着目してみたいと思います。
それぞれの項目がどのくらい成長しているのか、可視化してみましょう。

まずは、先進国でも高成長を遂げている、アメリカ、イギリス、カナダについて見てみます。

アメリカ GDP詳細 成長率

図1 アメリカ GDP詳細 成長率(OECD 統計データ より)

図1がアメリカのGDPについての成長率を示すグラフです。
青がGDP合計値、赤が家計最終消費支出、緑が政府最終消費支出、オレンジが総資本形成、紫が輸出、水色が輸入です。

1997年の数値を1.0とした場合の、成長率を表現しています。
リーマンショックの2009年での落ち込みはあるものの、基本的にはいずれの項目も右肩上がりです。

20年程の間に、いずれの項目も2.0~3.0倍になっていますね。

概ね年率で4%以上の成長と言えそうです。
日本で停滞している総資本形成も、2.2倍程度になっています。
他の項目に比べて、輸出と輸入の成長率が高い事も特徴的ですね。

アメリカは、総資本形成よりも貿易が成長を牽引している成長のカタチと言えそうです。

イギリス GDP詳細 成長率

図2 イギリス GDP詳細 成長率(OECD 統計データ より)

図2がイギリスのグラフです。

イギリスはGDP、家計最終消費支出、総資本形成が4%成長で2.2倍程度になっています。
特徴的なのは、政府最終消費支出の伸びが大きい事ですね。政府最終消費支出は5%成長に迫る伸びで、2.7倍以上になっています。
輸出、輸入も成長が大きく、5%成長程度で輸入が3倍、輸出は2.8倍を超えます。

イギリスは、貿易と政府支出が成長を牽引しているようですね。

カナダ GDP詳細 成長率

図3 カナダ GDP詳細 成長率(OECD 統計データ より)

図3がカナダのグラフです。

カナダは、GDP、家計最終消費支出、政府最終消費支出、総資本形成が4.5%成長くらいで、2.4~2.6倍になっています。

アメリカやイギリスに比べると、総資本形成の伸びが大きく、輸出、輸入の伸びが小さいですね。輸入は3%成長で2.4倍程度、輸出は2.5%成長で2.2倍程度の成長です。

カナダは内需重視の成長と言えるかもしれませんね。

2. 低成長国についても見てみよう!

他の主要国についても見てみましょう。

フランス GDP詳細 成長率

図4 フランス GDP詳細 成長率(OECD 統計データ より)

図4がフランスのグラフです。

GDP、家計最終消費支出、政府最終消費支出がほぼ同じ比率で成長しています。年率3%成長で、1.8倍程度になっています。
総資本形成は大きな伸びで4%成長、2.4倍に迫る伸びです。

輸入、輸出も大きな伸びです。
輸入に至っては5%成長に迫る勢いで、2.7倍程度になります。

総資本形成や貿易を伸ばしている成長ですね。

ドイツ GDP詳細 成長率

図5 ドイツ GDP詳細 成長率(OECD 統計データ より)

図5がドイツのデータです。

他の項目に比べて、輸出と輸入の伸びが突出して高い特徴的なグラフですね。

GDP、家計最終消費支出、政府最終消費支出は2~3%成長で、1.6~1.8倍の成長です。アメリカやイギリスなどと比べると低成長と言えますが、それでも20年間でこれだけ経済成長しています。

総資本形成は2012年頃までは増えたり減ったりしていますが、それ以降は一貫して増加していますね。結局20年程で1.6倍程度になっています。
輸出は3.2倍、輸入は3.0倍と非常に大きな増え方をしていますね。他の国では輸出よりも輸入の伸びの方が大きいのですが、ドイツの場合は輸出の伸びの方が大きいです。

貿易、特に輸出型産業が経済成長を牽引している状況ですね。

イタリア GDP詳細 成長率

図6 イタリア GDP詳細 成長率(OECD 統計データ より)

図6がイタリアのグラフです。

イタリアは先進国の中でも成長が特に低い国の一つですね。
各項目とも2008年頃までは順調に成長していましたが、その後は停滞気味です。それでもGDPや家計最終消費、政府最終相は2%成長に近い傾きで推移していて、1.6~1.8倍程度になっていますね。

総資本形成は2011年以降大きく落ち込んで、その後緩やかに回復しています。直近では1997年と比較して1.5倍程度になっていますね。
輸出と輸入は他の項目と比べると伸びが大きいようです。

輸入が2.3倍、輸出が2.1倍程度になっています。

3. そして日本。。。

日本 GDP詳細 成長率

図7 日本 GDP詳細 成長率(OECD 統計データ より)

最後に経済停滞中の日本です。

GDP、家計最終消費はほぼゼロ成長です。
総資本形成は、1997年と比べるとマイナス成長で0.8倍です。
逆に政府最終消費支出はプラス成長で1.3倍程度ですね。

これらに比べると、輸出と輸入はアップダウを繰り返しながらも着実に増大している事がわかります。
輸入は2倍、輸出は1.8倍となっています。他の先進国と比べれば低い水準ですが、貿易は大きく増えている状況ですね。
もちろんGDPとしては、輸出額から輸入額を差し引いた純輸出額となりますので、正味としてはほぼ相殺しています。

家計最終消費支出は停滞し、政府最終消費支出の伸びは総資本形成のマイナスで打ち消され、輸出は輸入で相殺されることから、結果的にGDPはずっと横ばいで推移しているという事になりますね。

4. 先進国の経済成長を牽引する需要とは?

今回は1997年を起点とした、主要国の成長率を見ていきました。

各国ともそれぞれ特徴があって非常に興味深いですね。
各国とも共通しているのは、輸出や輸入などの貿易の伸びが大きい事ですね。日本も他の項目は停滞していますが、輸出入は右肩上がりで成長しています。

そして、各国ともGDPの成長は、ほぼ家計最終消費支出の成長と一致しているという事です。アメリカは家計消費の伸びの方が大きく、ドイツは家計消費伸びの方が小さいという特徴がありますが、概ね近い値で推移しています。

当然ではありますが、各国ともGDPの最大項目は家計最終消費支出です。

家計最終消費支出がGDPに占める割合は以下の通りです。(2017年時点)
日本 53.9%アメリカ 66.3%イギリス 62.2%カナダ 56.6%ドイツ 51.7%フランス 51.9%イタリア 59.8%

家計最終消費はGDPの5割以上を占めるわけですね。アメリカにいたっては7割近くです。
日本は低い方ですが、ドイツやフランスよりも割合は大きいですね。
ここからわかることは、家計消費が増えないと、GDPが増えない、という当然の事ですね。

また、政府最終消費支出も総資本形成も日本以外の国では右肩上がりです。
緊縮財政で有名なドイツですら右肩上がりで1.6倍以上になっているわけですね。
政府最終消費支出には、社会保障関連の支出が含まれています。
日本の場合、政府最終消費支出の増加分はほぼこのような要因と言えるのではないでしょうか。

日本は総資本形成がマイナスであるという事が、先進国の中でも異質ですね。
公共事業も日本では何故か無駄遣いなどと攻撃される対象となっていますが、他国と比べればむしろ全く足りていないという事ですね。
政府最終消費支出も、他国と比べれば増やしすぎではなく、まだまだ足りていないレベルです。

ここからわかることは、民間だけでは成長できなくなってしまいデフレが長引く現在の状況から、まずは政府支出(公的資本形成含む)を増やし、経済をプラスの成長軌道に乗せる。(第1のフェーズ)

その後、企業活動を活発にし、労働者である家計の所得が上がるようにして、企業と家計が相互に豊かになっていく正の循環になると良いのかなと思います。(第2のフェーズ)

第1のフェーズについては、私は門外漢なのでこれ以上の言及は致しません。

ただ、第2のフェーズとなった時に、主役となるのは国内の企業と家計だと思います。

この時になって、しっかりと成長できるかどうかは、今度は企業経営者と消費者・労働者である国民次第という事になりますね。

みなさんはどのように考えますか?

今回まで、GDPの支出(需要)面に着目して先進国の経済のカタチを可視化してみました。
次回は、GDPの生産面に着目し、各国の産業の付加価値の推移を見ていきたいと思います。

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村