日本を”繁栄”から遠ざけるもの

1. 日本の繁栄度の順位は?

前回は、国連のWorld Happiness Reportから、国民の幸福度について取り上げてみました。

日本は156の国と地域のうち、幸福度が58位とちょっと残念な順位であることが分かりました。

この調査によると「寛容さ」、「個人の自由度」、「ポジティブ感情」の水準が低いことが分かりました。

いち日本人として悔しいので、もう少し良い調査結果が無いか探してみました。

ちょっと視点は変わりますが、イギリスのLegatum Instituteというシンクタンクが調査した繁栄度(又は幸福度、Prosperity Index)についての結果を見つけましたのでご紹介します。

参考: Legatum Institute – Prosperity Index

表1 繁栄度 (The Legatum Prosperity Report 2017より) 

表1に繁栄度の順位表を示します。

数字はそれぞれの項目の順位を表します。

149の国と地域のうち、日本は総合で23位という結果でした。

国連のWorld Happiness Reportより良い順位です!

それぞれの項目(Pillar)は次のような意味となります。

経済レベル(The Economic Quality)

市場の開放性、マクロ経済の指標、成長基盤、ビジネスチャンス、金融セクターの効率

事業環境 (The Business Environment)

起業環境、起業基盤、イノベーションへの障壁、労働マーケットの流動性

政府統制 (The Governance)

効果的な政府統制、民主的な意思決定、法規範

個人の自由 (The Personal Freedom)

基本的人権、個人の自由、社会的寛容

社会資本 (Social Capital)

人的関係の強さ、社会的支援、社会規範、市民参加

安全保障 (The Safety & Security)

国家の安全保障、個人の安全

教育 (The Education)

教育への権利、教育の質、人的資本

健康 (The Health)

身体的健康、精神的健康、保健インフラ、予防治療

自然環境 (The Natural Environment)

自然環境の質、環境保護運動

2. 日本を繁栄から遠ざけるものとは?

各指標の日本の順位は、149の国と地域のうち以下の通りです。

経済レベル: 23位

事業環境: 22位

政府統制: 18位

個人の自由: 46位

社会資本: 101位

安全保障: 4位

教育: 18位

健康: 4位

自然環境: 46位

全体的にそこそこの順位が多いですが、

「個人の自由」、「自然環境」が40位台と低めです。

「安全保障」、「健康」が4位と高い水準を誇りますが、

何よりも、「社会資本」が101位と断トツで低い水準です。

市民参加も含まれていますので、おそらく投票率の低さが大きく影響していると思われます。

その他、人的関係の強さ、社会的支援など、国連のWorld Happiness Reportの「寛容さ」と通じる項目ですね。

World Happiness Reportでも寛容さは、極めて低い水準でした。

まず投票率ですが、以前の記事でご紹介したバルーンチャートを見てみましょう。

参考: お金以外の豊かさとは!?政治参加編

図1 民主的手続きの達成度-投票率 (OECD統計データより)

図1はOECD民主的手続きの達成度と投票率の相関を示すバルーンチャートです。

バルーンの大きさが人口を表します。

日本はOECDの中でも極めて投票率の水準が低い結果となっています。

この調査結果から日本人は、政治的な関心が低く、相互の寛容性や関わりのレベルが低いという結果が分かりました。

(少なくとも海外からの目で見た場合)

このような国民としての資質についての評価が低いことは非常に残念な事ですが、政治に関心が無く、思いやりや他者への関心が希薄になっていると指摘されれば、確かに認めざるを得ない部分もあるかもしれません。

また、Legatum Instituteの過去のレポートでは、日本は物質的豊かさはそれなりに高い水準(50か国中14位)ですが、生活満足度が低い(50か国中42位!)という結果になっています。

そもそもの国民性に加え、緊縮化、貧困化が進む事で、日本人の心のゆとりが無くなってきているのかもしれませんね。

繁栄を阻む最大の障壁が、このような国民性であるならば、日本経済の衰退局面にある私たちはどのように考え、行動すればよいでしょうか?

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、

是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村