安くなった「エンジニア」たち

1. 実はワーカーの賃金は上がっていた

前回は、JETROの投資関連コスト比較調査から、「ワーカー」「エンジニア」「中間管理職」の2018年における月額賃金を比較しました。

工場作業者などのワーカーでは、日本は比較的高い賃金水準ですが、

エンジニア、中間管理職になるにつれて他国よりも「割安」になっていく傾向がわかりました。

このような傾向は昔からそうだったのでしょうか、

今回は過去のデータと比較することで賃金水準の「変化」についてみていきたいと思います。

ワーカー 月額賃金 JETRO

図1 ワーカー月額賃金 変化 (JETRO投資関連コスト比較調査 より)

図1に主要な国と地域のワーカーについての月額賃金を示します。

赤が2004年、青が2018年です。

単位はUS$です。

数値は為替の影響も受けますが、ドル-円為替レートは、

2004年で108円/ドル程度、2018年で110円/ドル程度ですのでそれほど為替による差異はないものと思います。

アメリカとカナダは2004年のデータが無いのですが、参考までに2018年の数値のみ記載しています。

ドイツは特にワーカーの賃金水準が高いですね。

3,079$から4,399$へと増加率も大きいです。

日本はアメリカに次ぐ水準で、2,602$から2,834$に微増しています。

僅差ではありますが、他のG7各国と遜色ない水準ですね。

韓国、シンガポールの伸びも大きく、

それぞれ1,340$→2,337$、495$→1,946$となっています。

新興国の中国(109$→698$)、タイ(184$→418$)、ベトナム(99→217$)などもこの14年間で倍以上に賃金水準が引き上げられています。

2. 安くなったエンジニア

エンジニア 月額賃金 JETRO

図2 エンジニア月額賃金 変化 (JETRO投資関連コスト比較調査 より)

図2にエンジニア(中堅技術者相当)の月額賃金を示します。

ドイツ、イタリア、フランスなどは大きく賃金水準が引き上げられています。

日本は4,318$→3,595$と2割近く減少しています。

2004年時点では、ドイツ、イタリア、フランスよりも高い水準だったのですが、

この14年で逆転され、さらに大きく差をつけられている状況ですね。

シンガポール(1,252$→3,064$)、韓国(1,467$→2,702$)はやはり大きく上昇しています。

新興国も中国(194$→939$)、タイ(327$→728$)、インド(352$→610$)、ベトナム(262$→436$)と大きく水準が上がっています。

エンジニアの賃金では、先進国に差をつけられ、新興国に差を詰められている状況です。

3. リーダーに価値が置かれない

中間管理職 月額賃金 JETRO

図3 中間管理職 月額賃金 変化 (JETRO投資関連コスト比較調査 より)

図3は中間管理職(課長クラス)の月額賃金の変化です。

やはり他国の賃金水準がおおむね上昇する中で、日本の中間管理職の賃金水準は引き下げられています。

アメリカ(13,497$)、ドイツ(10,067$→10,322$)は極端に大きな数値です。

2018年の数値では、その後フランス(7,118$)、イギリス(6,503$)、ロシア(5,228$)、カナダ(5,151$)、イタリア(4,844$)が続き、日本(4,583$)となります。

2004年の段階では、アメリカ、ドイツに次いで、フランス(5,911$)、イギリス(5,770$)と僅差で日本(5,616$)が続きました。

2018年ではG7では最下位でロシアよりも低く、シンガポール(2,664$→4,490$)にも抜かれそうな勢いですね。

中国(848$→1,801$)、タイ(790$→1,559$)、インド(963$→1,531$)、インドネシア(608$→1,031$)、ベトナム(542$→957$)などの新興国も順調に水準を引き上げています。

14年という期間の変化を見てみましたが、ワーカーの賃金水準は何とか先進国でも高い水準を維持している状況です。

しかし、エンジニアや中間管理職といった高い職級においては賃金水準が引き下げられ、他の先進国よりも水準は低くなり、新興国にかなり追い上げられている状況が分かりました。

かつてはエンジニアや中間管理職も高い水準であったにもかかわらず、この14年間で没落してしまったと言えます。

本来企業の競争力の源泉ともいえる「技術力」を担うエンジニアがこうも安くなっているのは驚きですね。

同じ工業立国として比較される事の多いドイツの賃金水準と比べると、エンジニアで102%→57%、中間管理職では56%→44%となってしまっています。

中間管理職はもともとの職級による格差があると思いますが、同じようなレベルだったエンジニアの賃金水準がここまで差がついてしまっているのです。

あまりにも安くなってしまった「エンジニア」は、この先も日本では評価が低いままなのでしょうか。

エンジニアが他国に高額で引き抜かれて日本の技術が流出する、といった話をよく聞きますがこのような賃金構造ではそうなっても仕方ないと思います。

エンジニアが安心して技術開発に打ち込めるような環境を作っていかなければいけませんね。

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、

是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村