044 日本人の仕事の「生産性」とは

1. 高度成長期の日本の生産性

前回は、これまでの統計データを元に、中小企業経営者が日本経済を変えるキーパーソンではないかという記事を書かせていただきました。

特に国産ビジネスにおいて、中小企業経営者が高付加価値ビジネスに事業転換を図り、投資により生産性を向上させながら、従業員の給与を継続的に上昇させる事が重要ではないかと述べさせていただきました。

それでは、そもそも日本人の生産性とは現在どの程度のものなのでしょうか。

先日取り上げた以下の2つの記事は、ちょうど世界の国と地域のGDPと人口です。

 参考: 日本経済の「栄光」と「凋落」を可視化してみる

 参考: 先進国の「存在感低下」を可視化してみる

当然GDPを人口で割れば、国民1人当たりのGDP = 生産性となります。(労働生産性とは異なります)

安全保障など総合的な国力が必要な場合にGDPはとても重要な指標だとは思いますが、

それぞれの個人としての豊かさを表す指標としてはやはり1人当たりの指標として評価すべきだと思います。

今回は、この「1人当たりGDP」について取り上げたいと思います。

1人当たりGDP 1970年 Penn World Table

図1 1人当たりGDP 1970年 (Penn World Table 9.1 より)

図1に世界の国と地域(統計データが掲載されている限り)の1人当たりGDPを示します。

数値が高い順に並べています。

単位はUS$です。

色を付けて着目しているのは、日本を含むG7とロシア(1990年以前はソ連)、ブラジル、中国、インドのBRICs、韓国です。

最上位グループは、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルクなどの小人口国家となります。

<1970年 1人当たりGDP>

4位 アメリカ 5,121$

13位 カナダ 4,097$

19位 ソ連 3,331$

23位 フランス 2,853$

25位 ドイツ 2,737$

31位 イギリス 2,349$

35位 イタリア 2,110$

37位 日本 2,026$

112位 ブラジル 369$

131位 韓国 279$

164位 中国 112$

166位 インド 109$

やはりこの頃からアメリカは圧倒的に強いですね。

日本は先進国の端っこくらい、韓国は下位グループ、中国、インドは最下位グループといった位置です。

ソ連もこの頃は19位と高い水準を誇ります。

2. 日本の躍進時代の生産性

1人当たりGDP 1985年 Penn World Table

図2 1人当たりGDP 1985年 (Penn World Table 9.1 より)

図2は1985年のグラフです。

<1985年 1人当たりGDP>

7位 アメリカ 18,018$

11位 カナダ 14,098$

20位 日本 11,476$

26位 フランス 9,737$

28位 ドイツ 9,390$

31位 イギリス 8,665$

33位 イタリア 7,905$

42位 ソ連 6,394$

75位 韓国 2,457$

100位 ブラジル 1,382$

167位 中国 289$

168位 インド 285$

1970年からの15年間で各国何倍もの成長を遂げていますが、特に日本がぐんと伸びた時期ですね。

ドイツやイギリスなどを抜いて20位にまで急上昇しました。

韓国も下位グループから中位グループに躍進しています。

ソ連がかなり落ち込んでいます。

中国、インドは数値としては3倍近くに増えてはいますが、最下位グループのままです。

3. 日本が最も輝いていた時代の生産性

1人当たりGDP 1995年 Penn World Table

図3 1人当たりGDP 1995年 (Penn World Table 9.1 より)

図3は1995年のグラフです。

<1995年 1人当たりGDP>

5位 日本 43,118$

11位 ドイツ 31,898$

15位 アメリカ 28,758$

18位 フランス 26,707$

25位 イギリス 23,042$

28位 カナダ 20,594$

30位 イタリア 20,449$

47位 韓国 12,277$

70位 ブラジル 4,794$

108位 ロシア 2,128$

164位 中国 592$

180位 インド 378$

日本が最も輝いていた時代ですね。

日本、ドイツがアメリカを抜いて5位、11位となっています。

韓国の躍進が目を見張るものがありますね、75位から47位に急上昇しています。

わずかですが中国も順位を上げ、インドとの差が開いています。

ロシアは中位グループです。

4. 日本の停滞時代の生産性

1人当たりGDP 2005年 Penn World Table

図4 1人当たりGDP 2005年 (Penn World Table 9.1 より)

図4は2005年のグラフです。

<2005年 1人当たりGDP>

13位 アメリカ 44,173$

15位 イギリス 41,883$

22位 日本 37,054$

25位 カナダ 36,218$

27位 ドイツ 35,035$

28位 フランス 34,724$

30位 イタリア 31,503$

49位 韓国 18,439$

86位 ロシア 5,372$

93位 ブラジル 4,770$

140位 中国 1,730$

172位 インド 720$

日本の順位が一気に20位まで後退します。

韓国は停滞しており、中国が順位を大幅に上げ始めています。

インドも少し順位を上げてきました。

5. 昔に逆戻りした日本の生産性

1人当たりGDP 2017年 Penn World Table

図5 1人当たりGDP 2017年 (Penn World Table 9.1 より)

図5は2017年のグラフです。

<2017年 1人当たりGDP>

11位 アメリカ 60,055$

22位 ドイツ 44,976$

23位 カナダ 44,974$

28位 イギリス 39,758$

30位 フランス 38,415$

31位 日本 38,220$

33位 イタリア 32,747$

35位 韓国 30,025$

79位 ロシア 10,956$

87位 ブラジル 9,821$

92位 中国 8,682$

163位 インド 1,923$

日本は31位まで落ち込んでいます。

一方で同じ工業立国として比較されるドイツは、22位に留まり主要国の中でも第2位を誇ります。

韓国は35位まで順位を上げ、日本との差もかなり縮んできています。

ロシア、ブラジル、インドもそれぞれ順位を上げていますが、

中国の躍進がすごいですね。

2005年からの12年間で、

1人当たりGDPが1,730→8,682で約5倍になり、

順位も140位から一気に92位にまで上昇しています。

ロシアやブラジルと共に、中位グループに入っています。

6. 日本の躍進と凋落

日本の凋落とその他の国々の順調な経済成長が、1人当たりGDPでも表れていると思います。

1人当たりGDP 1970-2017 Penn World Table

図6 1人当たりGDP 1970-2017

図6に1970年から2017年までの変遷をGIFアニメーションにしたものを掲載します。

グラフの縦軸は統一しています。

それぞれの国の変遷が見えて面白いのではないでしょうか。

1人当たりGDPは、私たち一人一人の豊かさを表す代表的な指標といえます。

本来もっとメディアなどで取り上げられるべきと思いますが、何故かあまり取り上げられません。

特に日本は人口が比較的多い国ですので、その分だけGDPは大きくなり、中国に抜かれたとはいえ世界3位の経済大国と呼ばれています。

ただ、今回のブログでも見た通り、1人当たりGDPでは決して高い順位ではありません。

人口が減っていく中で、GDPではなく1人当たりGDPをどう上げていくか、真剣に考え、行動していく時期が来ているのではないでしょうか。

皆さんはどのように考えますか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、

是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村