040 世界経済を振り返る

1. 圧倒的経済大国であり続けるアメリカ

前回は、戦後1950年頃からの長期時系列データを元に、日本のGDPや株価、平均給与の推移を取り上げてみました。

今回は、主要国の長期推移を取り上げてみたいと思います。

日本の場合もそうなのですが、長期データというのはなかなか公開されていません。

今回はオランダのフローニンゲン大学 Groningen Growth and Development Centreで公開している、Penn World Table 9.1(PWT9.1)を取り上げてみます。

PWT9.1は、世界各国のGDPや人口、生産性などの長期時系列データをまとめて公開しています。

元となるURLは、以下となります。

University of Groningen – Groningen Growth and Development Centre:  www.ggdc.net/pwt

GDP長期時系列 主要国 Penn World Table

図1 各国のGDP長期時系列データ

(Penn World Table 9.1)

まず、図1に主要国のGDPについてのデータを示します。

今回取り上げたのは、日本、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリアと中国、韓国、ロシアの9カ国です。

単位はUS$に統一しています。

Tはテラ(10の12乗)です。

ドルと各国通貨との為替の影響を含みます。

アメリカは戦後からダントツの一番を継続しています。

リーマンショックでの一時的な落ち込みは見られますが、現在は19T$程度です。

現在の日本のGDPレベルである5T$は1980年代後半には突破しています。

日本は1972年頃からドイツを抜いて第2位となります。

ただし、1995年のメキシコ通貨危機のあたりから5T$あたりでアップダウンを繰り返して成長していません。

他の主要国はその後もアップダウンを繰り返しながら、趨勢的に増加しています。

中国は2000年あたりから急激に増加し、2009年に日本を抜き第2位となっています。

その後も伸び続け、直近では12T$を超えています。

2. かつては世界一に輝いた日本

1人あたりGDP 長期時系列 主要国 Penn World Table

図2 1人あたりGDP

(Penn World Table 9.1)

図2に人口1人あたりGDPについての長期データを示します。

人口や為替の影響も受けますので、各国アップダウンが大きくなります。

特に影響を与えていると思われる出来事を下記に列記してみましょう。

( )内は日本国内の出来事です。

1973年 第一次オイルショック

1980年 第二次オイルショック

(1985年 プラザ合意)

(1990年 バブル崩壊)

1991年 ソビエト連邦崩壊(冷戦終了)

1995年 メキシコ通貨危機

     (阪神淡路大震災)

1998年 アジア通貨危機

2000年 ITバブル

2001年 9.11

2008年 リーマンショック

(2011年 東日本大震災)

1人あたりGDPでも現在アメリカが9カ国中第1位ですが、タイミングによっては日本やドイツ、イギリスが追い抜いている年もあります。

趨勢的には各国右肩上がりですが、日本は1995年以降で40000$前後でアップダウンが見られ停滞しています。

韓国はアジア通貨危機とリーマンショックで短期的に大きく落ち込みますが、近年では日本に肉薄しています。

伸び具合もまだまだ勢いがありそうですね。

ドイツ、イギリス、フランスは一時は日本にリードされていましたが、2000年代に追いつき、近年では同水準か逆転しているような状況です。

ただし、各国ともリーマンショック以降は停滞しているように見えます。

中国は1人あたりGDPではまだまだ水準が低いですが、近年では10000ドルを超えそうな状況です。

メキシコやブラジル、イラク、タイなどと同じくらいの水準になりつつあります。

ただし、近年では既に成長の鈍化がみられますね。

この後どのように推移していくのか、注目していきたいと思います。

3. 勢いで成長を続けた日本の戦後経済

1人当たりGDP 主要国 戦後早期 Penn World Table

図3 1人当たりGDP 戦後早期

(Penn World Table 9.1)

図3は戦後すぐの1950年から、1985年までの期間での1人当たりGDPです。

日本は主要国に比べて低い水準が続きますが、1970年あたりにイタリアやイギリスを抜き、1983年頃にドイツ、フランスを抜いてアメリカに次ぐ水準となります。

1973年までがいわゆる高度経済成長期にあたりますが、その後も1人当たりGDP(生産性)を増加させ、1980年の第二次オイルショック後に他の国が水準を落とす中でも成長していることがわかります。

継続的な円高傾向がドルでのGDP成長に寄与している事もありますが、この頃日本は人口の増加だけでなく、生産性を向上させることで経済成長している様子も見て取れるのではないでしょうか。

4. 日本の対ドル為替と経済イベント

ドル-円為替レート 長期時系列 Penn World Table

図4 ドル-円為替レート

(Penn World Table 9.1)

図3が円とドルとの為替レートです。

1ドル360円の固定相場制から、1973年に変動相場制へ移行し、その後円高傾向が続きますが、

1985年のプラザ合意から1990年のバブル崩壊を経て、1ドル100円強前後で推移しています。

1995年、2011年に大きな底期があります。

特に2011年は1ドル76円などという超円高となった年ですね。

1995年、2000年、2004年、2011年が為替の底となっています。

図1や図2と比較していただくと明確ですが、この為替の底とドル単位のGDPのピークは一致します。

奇しくも超円高の2011年は、ドルで見るとGDP水準を押し上げてて大きなピークとなっています。

いかがでしょうか、今回は主要国のGDP、1人当たりGDPについて、

長期データを見てみました。

長期的に見る事で、全体的に伸びているのか、停滞しているのかなど、可視化できた部分もあるのではないかと思います。

皆さんはどのように考えましたか?

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただけるようであれば、

是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村