お金以外の豊かさとは!? 寿命・満足度編

1. やはり断トツで世界一の平均寿命

前回は、労働生産性と平均所得のバブルチャート、労働参加率と失業率の分布グラフを見る事で、”みんなが働ける国”と”働ける人が稼げる国”がある事がわかりました。

日本はどうやら、それほど多くは稼げないけど、みんなに仕事のある国、と言えそうです。

失業する心配が相対的に少ない、という事は安心して生活できる大きな材料になりますね。

さて、所得以外に国民が”豊かさ”や”幸福感”を感じられる要素はあるでしょうか。

安心して暮らせる、安全に過ごせる、長生きできる、環境条件が良いなど、人によって感じ方は様々ではないでしょうか。

人が豊かさや幸福感を感じられる指標についても、OECDの統計データで示されています。

ここからは、このような統計データを、バブルチャートで示していく事で、所得以外の豊かさについて考えていきたいと思います。

バブルチャートは、「FACFULNESS」(ハンス・ロスリング著、日経BP社)にて、詳しく取り上げられていますので、ご興味のある方は是非ご購読ください。

ここでは、FACTFULNESSの表記方法に沿って、各指標に関するバブルチャートを示していきます。

この表記方法は、横軸に平均所得(または一人当たりGDP)、縦軸に各指標、バブルの大きさは各国の人口を表します。

FACTFULNESSでは、縦軸に平均寿命を用いたチャートを詳しく解説しています。

しかも、全世界のデータを全て入れています。

これから本ブログで示すデータは、OECD加盟国に限定したデータです。

なぜOECD加盟国に限定したかというと、以下の理由からです。

・ すべての国を盛り込むと、データの範囲が広がりすぎて、着目したい先進国のデータがぼやけてしまうため

・ OECD加盟国のデータは、多様な統計データが公表されており、色々な視点からの国際比較が可能であるため

FACTFULNESSでは、世界の平均所得(一人当たりGDP)をレベル1~レベル4の4つに分けています、

同書によれば、このレベルの違いは、全ての暮らしの水準の違いになります。

このブログでは、同じようなレベルの中での問題の抽出を考えたいので、日本の属するレベル4の国々との比較をしていきたいと思います。

OECD加盟国のほぼすべてがレベル4に入りますので、OECD加盟国の水準がまさに本ブログで取り上げる内容と合致するのです。

また、本ブログでは横軸の平均所得と、各指標との相関についても注目していきたいと思います。

平均所得-平均寿命バブルチャート2017

図1 平均所得-平均寿命 (OECD統計データ より)

まずは、FACTFULNESSにも取り上げられている、平均寿命(Life expectancy)を図1に示しました。

(横軸に平均所得を取るか、一人当たりGDPを取るかで若干傾向は異なります)

全世界の国々で見ると完全に正の相関があるのですが、OECDだけ取り出すと少し様相が異なるようです。

アメリカだけ特異値として外せば、きれいな正の相関があるように見えますし、パッと見た感じだと日本を頂点として所得が上がる程平均寿命が減っていく”への字型”のグラフにも見えます。

いずれにしろ、平均寿命という観点では、日本がOECDで最も高い位置にあるのは確かです。

また、平均寿命が高いという事は、乳幼児死亡率が低いという事も意味しますので、医療体制が充実しているという要素も含まれます。

高福祉国と言われる北欧諸国と、北欧諸国よりも所得水準の低いスペインやイタリアが同程度かそれ以上に平均寿命が高い事も興味深いところですね。

アメリカや、ドイツ、イギリスは平均所得の割りに平均寿命低い水準となります。

2. 生活には満足できていない!

平均所得-生活満足度バブルチャート 2017

図2 平均所得-生活満足度 (OECD統計データ より)

次に、図2に生活満足度(Life satisfaction)に関するバブルチャートを示します。

この指標は、キャントリルの梯子(Cantril Ladder)の質問に対して、最悪の0から最高の10の間のいずれかの値をとるか、を主観的な数値で評価し、集計した数値となります。

数値が大きい方が満足度が高く、小さい方が満足度が低いと判断されます。

実際のグラフを見ると、平均所得と生活満足度には緩い正の相関があるように見えます。

アメリカとメキシコが特異値を取っているように見えます。

アメリカは平均所得が高い割には、満足度が若干低く、メキシコは平均所得が低い割には満足度の高い傾向です。

いずれにしても、平均所得が高い方が満足度を高く感じやすい傾向にある事が確認できます。

ただし、象徴的なのは日本の位置です。

満足度という観点では、日本やイタリアは非常に低い水準となり、所得水準では大分下のポーランドやラトビアなどと同程度となります。

いかがでしょうか、平均寿命と生活満足度という異なる指標では、日本は正反対の傾向があるようです。

世界有数の長寿国であるにもかかわらず、生活に十分満足していないという事は何だか寂しい結果ですね。

皆さんはどのように感じたでしょうか。

このブログの主旨にご賛同いただき、応援していただける方は、

是非下記バナークリックにてアクセスアップにご協力ください。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村